メリケンパークにできるラグビーワールドカップ『ファンゾーン』の概要が発表されてる。入場無料。パブリックビューイングも

ライター:カオル

9月20日(金)に開幕する「ラグビーワルドカップ2019™」。神戸で試合がある期間中にオープンする『ファンゾーン』の概要がわかってきました。


神戸市中央区波止場町2−2

『一生に一度』のラグビーW杯では、日本の12都市が開催地となっていて、大会期間中には、各都市に「ファンゾーン」と呼ばれるお祭り広場が設けられます。

大会自体は、9月20日(金)~11月2日(土)ですが、神戸に「ファンゾーン」がオープンするのは、神戸で試合がある日とその間の週末の8日間です。

『メリケンパーク ファンゾーン in 神戸』の概要

①300インチの大型ビジョンでのパブリックビューイング
ファンゾーン開催日に実施される全試合のパブリックビューイング。神戸での試合を含む1日1~3試合、全部で16試合見ることができます。


画像:ラグビーW杯公式サイトより

こちらは、海外でのラグビーW杯のパブリックビューイングの観客の様子。これだけ集まれば、会場の一体感がすごそう。

他都市で行われる日本戦、4試合のうち2試合は見られるので、盛り上がるんじゃないでしょうか。

②コマーシャルパートナーブース
ラグビーW杯2019のスポンサー企業によるPR、販売、体験型アクティビティ等(日替わり)

③パフォーマンスステージ
音楽やダンスなどの各分野から、神戸で活躍する方々が日替わりで登場。もちろんKOBE JAZZも。
また、神戸の試合に出場する各国にゆかりのあるミュージシャンも出演予定。

④地元神戸・兵庫の食が味わえる飲食ブース
灘の酒や神戸牛など、神戸・兵庫を代表する飲食を楽しめます。(日替わり)

⑤神戸の試合に出場する国のPRブース
神戸での試合に出場する国々が、自国の食や観光情報などをPR。
英国(イングランド、スコットランド)、アイルランド、アメリカ、南アフリカ、ロシア
(※国ごとに出店日は異なります。カナダ、サモアは調整中)

⑥ラグビー体験コーナー
ラグビーボールに触れたことのない方でも楽しんでいただける、FIVES(5人制タグラグビー)などのラグビー体験。

⑦平尾誠二フィールド

ラグビーW杯の日本誘致にご尽力をいただいた平尾誠二氏にゆかりのある方々にご協力をいただき、パネルや展示品、映像を通して平尾氏の功績を称えるとともに、感謝の気持ちを伝える場を設置。

メリケンパークに「平尾誠二パーク」ができるみたい。ラグビーW杯期間中の8日間

2019.04.27

開催日
9月26日(木) 11:00~22:00 ※神戸で試合
9月28日(土) 11:00~21:30 ※日本戦あり
9月29日(日) 11:00~19:00 
9月30日(月) 11:00~21:30 ※神戸で試合
10月3日(木) 11:00~21:30 ※神戸で試合
10月5日(土) 11:00~22:00 ※日本戦あり
10月6日(日) 11:00~19:00
10月8日(火) 11:00~21:30 ※神戸で試合

入場無料

問い合わせ
市民参画推進局スポーツ振興部国際スポーツ室
TEL 078-321-1865

あと2週間ほどにせまったラグビーW杯。開幕戦となる日本VS.ロシアで国歌斉唱するのは、平原綾香さんに決まったそうです。

ラグビーワールドカップは、入場者数などで、サッカーW杯、夏季五輪に次ぐ「世界で3番目に大きなスポーツイベント」。このために、40万人もの外国人が日本へ、神戸にも、12万人の観戦客が国内外からやってくるとか。

試合だけでなく、世界的イベントのムードも味わってみてはいかがでしょうか?

◆関連リンク
ラグビーワールドカップ2019日本大会 – 公式サイト
神戸のラグビー情報 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。