兵庫県立美術館で「刀剣&武者絵」を展示する『THE HEROES』が開催されてる。ボストン美術館から「50年ぶり」に帰ってきた名刀も

ライター:ゆう

兵庫県立美術館で、ボストン美術館の所蔵品から厳選した「武者絵と刀剣・鍔」などの展覧会が開催されています。

兵庫県立美術館開館20周年 ボストン美術館所蔵
THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語

2022年9月10日(土)~11月20日(日)
兵庫県立美術館


神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1

武者絵とは『平家物語』のような軍記物語や武勇伝説に登場する英雄(ヒーロー)を描いた絵画のこと。本展覧会では「118点」の武者絵が展示されます。

浮世絵の祖と言われる菱川師宣の時代から、江戸後期の歌川国芳、明治期の月岡芳年にいたるまで、 多くの浮世絵師が武者絵を手掛けたんだそうです。

源頼光・源義経・上杉謙信・武田信玄などの武将のほか、スサノオノミコトの武勇、巴御前のような女武者の奮戦も描かれています。

武者絵のほか、「刀剣」20口と、武者絵と共通のイメージがデザインされた「刀剣の鍔」27点も展示。半世紀ぶり日本に帰ってくる刀もあるみたいですよ。

世界最高水準の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品と、国内コレクションから出品されています。

刀剣の見方や武者絵の楽しみ方などの講演会や、学芸員による解説会、こどものイベントもあるので、気になる人はぜひ公式サイトをご覧ください。

期間
2022年9月10日(土)~11月20日(日)

場所
兵庫県立美術館

料金
一般 1,800円/大学生 1,400円/70歳以上 900円/高校生以下 無料

公式サイトには、展覧会の内容や展示作品についての動画もあるので、展覧会に行く前に見るとより面白くなるかもしれませんね。

◆関連リンク
兵庫県立美術館 – 公式サイト
【THE HEROES展】ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵−武者たちの物語 – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。