阪急「神戸三宮駅」で可動式ホーム柵の設置工事を開始するみたい。10月中旬から順次運用開始

ライター:エミ

阪急「神戸三宮駅」で可動式ホーム柵の設置工事がまもなく始まります。第一弾として2番ホームの工事が8月28日(金)からホーム上において始まります。


神戸市中央区加納町4-2

列車の停止位置を変更しつつ、ホームを使いながら順次工事をおこなっていきます。

工事の影響でホームが少し狭くなることもあるかと思いますので、普段「神戸三宮駅」を使っている人は注意しましょう。

設置工事の開始予定日
・2番ホーム:2020年8月28日(金)営業終了後
・3番ホーム:2020年9月中旬
・1番ホーム:2020年11月中旬
・4番ホーム:2021年1月上旬

供用開始予定日
・2番ホーム:2020年10月中旬
・3番ホーム:2020年11月上旬
・1番ホーム:2020年12月下旬
・4番ホーム:2021年2月下旬(全ホームでの供用開始予定)
※供用開始日が決定しましたら、その都度お知らせする予定です。

仕様
・種類:腰高式の可動式ホーム柵、一部透過型
・高さ:約1.3m(柵本体)
・開口幅:約3.2m
・厚み:約200mm(柵本体)
※当社十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mm薄型化を行い、お客様がより安全・快適にホームをご利用いただけるよう、できる限りホーム幅を確保するようにします。

最近見ることも多くなったホーム柵ですが、JR以外でもチラホラ見かけるようになっています。

飲んだ後にホームでフラッ…なんて場面もたまに聞くので、こうした対策が進むことを期待しています。

◆関連リンクという
阪急電鉄 – 公式サイト

エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。