「神戸ポートタワー」をキャンバスに見立てた『プロジェクションマッピング』が実施されるみたい。1月14日から。夜間のライトアップなども

ライター:ふうか

「神戸ポートタワー」をキャンバスに見立てた、高さ最大80mの『プロジェクションマッピング』が実施されるみたいです。

神戸ウォーターフロントエリア アートプロジェクト
第一弾コンテンツ「One and only」

2022年1月14日(金)~2023年春
神戸ポートタワー


神戸市中央区波止場町5-5

「神戸ポートタワー」は現在、2023年度の完成を目指してリニューアル工事が行われています。

リニューアル工事中の「ポートタワー」のライトアップが半分くらいになってる

2021.12.13

それにあたって、ウォーターフロントエリア全体の魅力を発信するために、2022年1月~2023年春にかけて、神戸の街×アートの「神戸ウォーターフロントエリアアートプロジェクト」が実施されるそう。

第一弾では、神戸の象徴ともいえる「ポートタワー」をアートのキャンバスに見立てた『プロジェクションマッピング』が実施されます。

第一弾コンテンツは「One and only」。

市民の花 アジサイ・港・街並みなどの神戸ならではのシーンや、縦長の投影面を活かした高さ70mの「巨大なマネキン」が出現するなど、世界観が次々と変化します。

 

 

映像制作はシムディレクト・タケナカが担当。国内外で活躍する作家・BAKIBAKIの、伝統とストリートカルチャーの融合を体現した「BAKI柄」を加えたグラフィックシーンも登場予定なんだそうです。

昼間はポートタワーの形状を活かしたグラフィック、夜間はライティングを実施し、リニューアル期のみの演出が楽しめるみたい。

実施期間
2022年1月14日(金)~2023年春(第1弾コンテンツ「One and only」は、2022年春まで)

投影時間
19:00~22:00/毎時0分・30分の計7回
※足場ライトアップ時間は日没~23:30
※2022年1月14日からの段階では投影面は高さ40m程度、2022年2月頃に高さ80m程度の投影範囲となる予定


1回あたり約6分間の演出なので、気軽に立ち寄って楽しめますね。

今後「神戸ウォーターフロントエリアアートプロジェクト」では、参加型アートイベントなどの開催も予定されており、どんな展開がされるのか楽しみです。

◆関連リンク
神戸ポートタワー – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 生粋の神戸っこ

    ポートタワーの下まで行って見上げてみるのが好きでした。ポートタワーが見れないのは寂しいけどプロジェクションマッピングは見てみたい!!

    2021年12月22日3:14 PM 返信する