「クラウドファンディング」のやり方を学べる無料セミナーに参加してみた。移動式チャペルで結婚式を行う『ルーロット』の実例も紹介

ライター:鞍 あいみ

「クラウドファンディング」のやり方が学べる無料セミナーに参加してきました。神戸市の中小企業支援などを行う外郭団体「神戸市産業振興財団」が運営している「神戸起業操練所」が主催して行われた無料セミナーです。

神戸市中央区東川崎町1-8-4

神戸起業操練所では積極的に起業・新事業・クリエイターなどの支援を行っていて、今回は、「クラウドファンディング」のセミナーが開催されていました。

講師は、クラウドファンディングの支援事業を行う井賀 英夫さん(左:株式会社ZERO FORME代表取締役専務/FAAVO播磨オーナー)と、実際にクラウドファンディングを活用した経験があって、今も新たなクラウドファンディングに挑戦する武智 弘美さん(右:ルーロット代表)です。

武智さんが代表を務めるルーロットは、神戸で移動型の動く教会「ルーロット」を使って結婚式のサービスを行っています。新聞などで見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

詳しい仕組みは知らないけど聞いた事はある、支援ならした事がある、という人もいるかもしれません。注目度が高く、無料セミナーということもありますので、会場は満員。

まず、クラウドファンディングを簡単に説明すると、インターネットを使って不特定多数の人に寄付を募る仕組みです。

クラウドファンディングのサイト自体は複数あって、やり方も単純に寄付を募るだけではなくて、お礼の品を渡すパターンがあったりと、何もせずに寄付されるということはない訳で、、、そのあたりのテクニック的なところを実例を交えて紹介するというのが今回のセミナーです。

自治体の補助金や金融機関からの融資といった従来の資金調達方法とは別に、新しい資金調達の方法として、現在とても注目を浴びている「クラウドファンディング」。

井賀さんが、クラウドファンディング支援プラットフォーム(サイト)して利用する「FAAVO」の他にも、MakuakeReady forなどがあり、セミナーでは各プラットホームの特徴も交えながら、挑戦するプロジェクトによって、強みや傾向、対策などを実例を交えて説明。

根底にある情熱をどれだけ具現化し、拡散できるか。またそういった努力するということを前提として、成功までのプロセスを実例を元に具体的な話に。寄付を募るって意外と大変なわけですね。

参加者の皆さんも「聞き逃すまい」とメモを取る手に力が入ります。

クラウドファンディングに挑戦するにあたり、実務的な事はひとりでは活動に限界があるため、常日頃から協力してくれる仲間を探す下地作りも大切。

プロジェクト(支援を募る期間)は平均50~60日が必要とされているらしく、準備期間も含めるともっと長いスパンでの計画ですので、多くの仲間が必要という訳です。

一通りクラウドファンディング自体の説明を終えて、実際にクラウドファンディングで成功し、今もクラウドファンディングを行っている武智さんのお話。

今、挑戦中のクラウドファンディングはこちら↓↓
農×ウェディングで地域活性化!結婚式ができる菜の花畑を岩岡に作りたい! – FAAVO播磨

過去に行ったクラウドファンディングはこちら↓↓
移動が難しい人も結婚式に参列できるよう移動式チャペルを作る! – クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

今回は、過去に行った移動式チャペルの実例を紹介してました。

移動式チャペルの実物は存在しないので、支援者に分かりやすいように模型を作ったそう。実際に模型を間近で見せてもらったんですが、とても精巧に作られていて、背景によってチャペルの雰囲気が変わるのがよくわかります。

武智さんはクラウドファンディング挑戦期間中に、なかなか支援が集まらない「中だるみ」を経験したそう。伸び悩んでいたところに「チャペル製作現場の写真」をプロジェクトページに掲載したところ、グンと支援者が増え、夢に近づいている手応えを感じたそうです。

製作現場の風景を写真で見ることによって、ひとつの物を支えあって作っている一体感を感じた人が多かったのかもしれません。

プロジェクトを立ち上げ、また、成し遂げるまでには長い長い時間を要します、平均でも50日~60日はそれに付きっきりになるわけですから。

しかし、そこで得るものはお金だけではなく、新たな出会いも含め、支援者の人との繋がりなども生まれたそうで、その後の事業の取り組みにも大きな弾みになったと思います。

講義の後は質疑応答。現在、クラウドファンティングに挑戦してる人もいるなど、リターン品の事例など質問は多岐に渡り、クラウドファンディングの注目度が伺えます。

知りたい情報が多く、ポイントを押さえた実践的な情報は、参加者にとってメリットが大きかったんじゃないでしょうか。

セミナーが終わると、講師を務めた井賀さん、武智さんも参加する交流会(希望者のみ)。

飲み物、軽食も用意され一気にアットホームな雰囲気に。
多種多様な業種の人が集まっていて、ここでも「クラウドファンディング」についての意見交換や、今自分が挑戦している事などのアピールなど、様々な交流が行われました。

テーマが今話題の「クラウドファンディング」ということもあり、満員となった今回のセミナー。実例も交えたセミナーでしたので、よりリアルに自分の描く夢とリンクした聞き応えのあるセミナーだったんじゃないでしょうか。


次回セミナーは、「新規事業開発のための プロデュースシンキング」となっています。今回と同じく「無料」で参加することができますので、気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

神戸起業操練所トレンドセミナー
「新規事業開発のための プロデュースシンキング」

多くの新事業立ち上げをプロデュースした経験者が語る!激変する世の中で勝ち残る!新事業開発のマインド、スキルを学ぶ「プロデュースシンキング」セミナー

新規事業開発のために必要なマインド、スキル『プロデュースシンキング』を講義やワークショップを通じて学びます。
市場の変化が激しくなり、既存事業のみでは生き残れない世の中になりつつある現代では、自社の強みを捉えた上での新事業開発の重要性が増してきています。新規事業開発や既存事業の転換を検討されている事業者様、起業家の皆様にぜひお聞き頂きたい内容です。

こんな人におすすめ
・新しく事業を始めようとしている方
・新事業を考えているがどうのように進めていいかわからない
・新たな事業アイデアが思い浮かばない
・社内を巻き込んで新事業開発を進めたい
・プロデューサーとしてのスキルを身につけたい方

【日時】2018年10月11日(木)18:00〜21:00(受付 17:30〜)
【定員】50名
【場所】神戸市産業振興センター9階
【参加費】無料(交流会費:1000円)
【スケジュール】18:00~19:30 セミナー/19:30~20:30 交流会 

詳細内容と申込はこちらをどうぞ。

◆関連リンク
神戸起業操練所 – 公式サイト
神戸で移動型の動く教会のルーロット(roulottes) – 公式サイト
株式会社ZERO FORME – 公式サイト

鞍 あいみ
ライター:鞍 あいみ
神戸在住 イラストレーター