神戸市が、年末年始の「医療提供体制」を発表してる。外来・入院ともに対応医療機関の数は昨年度より増加

ライター:ふうか

神戸市が、年末年始2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)の、対応医療機関の数などを発表しています。

市内医療機関の協力を得て、年末年始期間中の「医療提供体制」を以下のとおり確保したそうです。

対応医療機関
【外来】発熱患者 対応医療機関:計142医療機関
【入院】新型コロナウイルス感染症患者 受入医療機関:計27医療機関(市民病院3/公的医療機関6/民間医療機関18)

「外来」は昨年度96→142、「入院」は昨年度20→27と、かなり体制が強化された形になっています。

発熱患者対応可能な医療機関の案内
・救急安心センターこうべ:#7119(ダイヤル回線・IP電話などからは078-331-7119
・新型コロナウイルス専用 健康相談窓口:078-322-6250

いずれも土日祝を含む「24時間対応」となっているので、「どこへ行けばいいんだろう?」と迷ったらいつでも電話をかけることができます。



期間
2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)

神戸市は、PCR検査~療養終了までの流れなどをまとめた『療養者フォローアップガイド』を公開しています。

新型コロナ感染時の疑問に答える『療養者フォローアップガイド』が出たみたい。療養準備から終了までの流れが詳しくわかる

2021.11.12

年末年始、かかりつけの病院は閉まっていませんか?必要以上に慌てずに済むよう、対応・相談先などをチェックしておくといいかもしれませんね。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。