旧居留地の「KOBEとんぼ玉ミュージアム」で涼しげなガラスの動物たちに癒される『硝子の動物園』10/6まで

ライター:ユカコ

旧居留地の「KOBEとんぼ玉ミュージアム」で、ガラスで作られた動物たちの作品を楽しめる展示イベントが開催中です。

硝子の動物園

2020年10月6日(火)まで
KOBEとんぼ玉ミュージアム


神戸市中央区京町79

「動物園で人気の生き物たち」をモチーフにした作品が並ぶ、開館15周年を迎えた「KOBEとんぼ玉ミュージアム」の記念展となっています。

ガラス作品は、バーナーの炎でガラスを熔融して成形する「ランプワーク技法」によって制作。展示の世界観と一緒に、作家さんたちそれぞれの個性も楽しめそうです。

日時
2020年10月6日(火)まで

出展作家
網野篤子、新井克仁、小倉わかな、河合美和、清藤智子、高村絢子、谷口知惠子、なかの雅章、中原雅恵、野上真理子、村山美恵、RINVERRE、Joy Munshower、Kim Fields、Zachary Jorgenson

入館料
大人 400円/小中学生 200円

開催時間
10:00〜19:00(最終入館 18:45)

暑さが増す季節、ガラスの動物園で涼を感じながら過ごしてみてはいかがでしょうか。気になる動物と出会った人は、WEBショップもチェックしてみてください。

出展されている作品はWEBショップで購入することもできます。

◆関連リンク
KOBEとんぼ玉ミュージアム – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。