【厳選】せっかくなら朝食もこだわりたい!三宮・元町でモーニングが美味しいホテル 5選

ライター:ゆう

目覚めの朝に美味しいものを食べると、気分が上がりますよね。自分へのご褒美に、神戸のホテルステイで「ゆったり朝の時間」を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

今回は三宮・元町で、ちょっと贅沢気分が味わえる「朝食の美味しいホテル」5つに厳選してご紹介していきます。

もくじ
● 【三宮】神戸北野ホテル
● 【三宮】ホテルピエナ神戸
● 【三宮】神戸オリエンタルホテル
● 【元町】ホテルオークラ神戸 
● 【元町】ホテルケーニヒスクローネ神戸

【三宮】神戸北野ホテル

『神戸北野ホテル』は、各線三宮駅・新神戸駅から歩いて15分、トアロードを北へあがったところにある都市型のオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)です。

英国のインテリアで統一された異国情緒あふれる洋館は、神戸の街並みになじむクラシカルな雰囲気です。

ホテル内にはレストランが2カ所ありますが、朝食がいただけるのは『イグレック』。

総支配人・総料理長 山口浩氏が、ベルナール・ロワゾー氏から公式に贈られた「ヨーロピアン・ブレックファスト」は、世界一の朝食と称されています。

「焼きたてのパン」「フィナンシェ」「兵庫県産栗のハチミツ」「ハム」「手作りジャム」などがテーブルに並びます。色とりどりな「ジャム」や「ジュース」がテーブルに並び、朝から華やかな気持ちになりそうですね。

朝食で特にこだわっているのが、ハム・生ハムの品質。パンの上に大きなハムとバターをのせて食べるのがおすすめです。

1食あたり糖質量を40g以下に抑えた『ロカボ朝食』などもあるので、健康的な朝の時間を過ごせそうですね。

アクセス
各線三宮駅・新神戸駅から徒歩15分

時間
チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00

宿泊体験も以前ご紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。

神戸北野ホテルで『世界一の朝食』と『非日常』を楽しむ一泊二日。食のレジェンド山口シェフが生み出した、静かにたたずむスモールラグジュアリー

2019.12.28

◆関連リンク
神戸北野ホテル – 公式サイト
神戸北野ホテル(@kobekitanohotel) – 公式サイト

【三宮】ホテルピエナ神戸

JR三宮駅から山側に歩いて約7分のところにある『ホテルピエナ神戸』は、イタリア製の家具を配置するなど、ヨーロッパテイストの「クラシックホテル」です。

お部屋ごとにテーマーカラーがあり、紫・ゴールドなど豪華な雰囲気が楽しめます。

館内のテーマにあわせて、ヨーロッパ各地方の料理が並ぶ「ブッフェスタイル」。

ほかにも近郊の食材を使った鮮やかな前菜や、季節の果物を取り入れたデザートなどから、自分の好きなものを好きなだけ食べることができます。

メインは「ローストビーフ」や「旬の魚料理」「シュークルート(フランスの伝統的な家庭料理)」など、素材を最大限に活かした料理にこだわっているんだとか。

『ホテルピエナ神戸』は、トリップアドバイザーによる「朝食のおいしいランキング」で、7年連続1位(2019年時点)を獲得しているそうなので、朝食を目当てにホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス
各線三宮駅から徒歩7分

時間
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

◆関連リンク
ホテルピエナ神戸 – 公式サイト
ホテルピエナ神戸(@hotel.piena.kobe) – 公式Instagram

【三宮】神戸オリエンタルホテル

神戸旧居留地エリアにある『神戸オリエンタルホテル』は、1870年の神戸開港まもなくしてできた、日本最古の「西洋式ホテル」です。

結婚式やランチなどのレストラン利用もできるので、神戸の人なら利用したことのある人が多いホテルではないでしょうか。


画像:公式Instagramより

ホテル最上階の「メインダイニング」では、神戸の街並みを眺めながら「ブッフェスタイル」の朝食を楽しむことができます。

卵料理は、エッグベネディクト/オムレツ/スクランブルエッグ/目玉焼きの中から選べて、パンも常時5種類ほどあるみたい。

朝7:00~8:00の時間だけ食べられる「フレンチトースト」は、外はサクサクのサブレ生地で、中は濃厚な味わいになっているんだとか。

数量限定なので、ちょっと早起きをがんばって「フレンチトースト」を味わってみてはいかがでしょうか。

アクセス
各線三宮駅から徒歩7分

時間
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

1泊2日宿泊体験も以前ご紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。

レトロな街並み「神戸旧居留地」にある『神戸オリエンタルホテル』に泊まってみた。シティーラグジュアリーで神戸の中心を楽しむ

2020.12.14

◆関連リンク
オリエンタルホテル神戸(ORIENTAL HOTEL) – 公式サイト
オリエンタルホテル神戸(@oriental.hotel.kobe) – 公式Instagram

【元町】ホテルオークラ神戸 

『ホテルオークラ神戸』は「和の心で世界をもてなす」をコンセプトに、日本だけでなく世界に展開する老舗ホテルです。

神戸のウォーターフロント、メリケンパーク内に立つ地上35階建てのホテルで、六甲の街並みや神戸港など、客室によって「東西南北」の景色を楽しむことができます。

朝食は、レストランでの「ブッフェスタイル」or「部屋食」から選ぶことができます。

部屋食のメニューは、卵料理や付け合わせのハムなどが選べる「アメリカンブレックファースト」。朝起きて身なりを気にせず朝食がとれるのは嬉しいですよね。そのまま、二度寝なんかすれば最高です。

『ホテルオークラ神戸』で外せないのが、伝統の「フレンチトースト」。下準備に丸一日、たっぷり時間をかけてふっくら焼き上げています。

公式サイトでレシピなども公開されていますが、なかなかおうちでは再現できないプルプル・ふわふわ食感が何度でも食べたくなる味わい。

朝食で「フレンチトースト」が楽しめるプランもあるようなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

アクセス
各線元町駅から徒歩10分

時間
チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

◆関連リンク
ホテルオークラ神戸 – 公式サイト

【元町】ホテルケーニヒスクローネ神戸


画像:Instagramより(@sakoenne

三宮神社から東に歩いてすぐのところにある『ホテルケーニヒスクローネ神戸』は、神戸御影生まれの洋菓子店が「スイーツ界で培ったお客様への想いもっと広げていきたい」という願いからつくったホテルです。

クマのキャラクターがポップで可愛らしい印象ですが、中は落ち着いたヨーロピアンスタイル。


画像:Instagramより(@traveling_narayang

1階(約60席)・2階(約130席)・中庭から好きな座席を選べる広々とした館内で、朝食は「ブッフェスタイル」。

「パン」が約20種類、「スイーツ」が約10種類と豊富なラインナップから好きなものを好きなだけ食べられるのは、洋菓子店ならではという感じ。

ほかにも、サラダやフルーツ、卵料理・飲み物などがついてきます。


画像:Instagramより(@traveling_narayang

目の前で作ってくれる、ふわとろっとした「オムレツ」も人気メニューのひとつで、ソースや具材を複数種類から選べるスタイルになっています。

パンとスイーツは2周しても全制覇できないほど豊富なラインナップで、思わずテンションが上がってしまいそうですね。

アクセス
各線三宮駅西出口から徒歩約10分

時間
チェックイン 15:00/チェックアウト 11:30

◆関連リンク
ホテルケーニヒスクローネ神戸 – 公式サイト


いかがでしたか?ほかにもこんなまとめ記事がみたい!がありましたら、どんどんコメントお待ちしています。

神戸ジャーナルのサイト内には、各記事の下部に #ハッシュタグ を設けています。

例えば、「カフェ」「神戸西グルメ」など、今読んでいる記事の気になるタグをクリックすると、関連する記事をチェックすることができます。便利なのでぜひ使ってみてくださいね。

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。