神戸ルミナリエの代替事業『カッサアルモニカ/音楽の宝箱』が開催されるみたい

「神戸ルミナリエ」が、新型コロナウイルス感染症の影響で中止になったことを受けて代替事業が行われます。

神戸ルミナリエpresents「カッサアルモニカ/音楽の宝箱」

2022年12月9日(金)~12月18日(日) 10日間
<カッサアルモニカ設置場所>東遊園地
<ロソーネ設置場所>三井住友銀行神戸本部ビル前広場、神戸朝日ビル、南京町
<希望のアーチ設置場所>東遊園地

ルミナリエ作品

カッサアルモニカ(高さ約11メートル、直径約7メートル) 設置数:1基
ルミナリエ作品のうち、主に広場に設置されるもので第10回神戸ルミナリエ開催時にイタリア側より寄贈され、毎年作品群を構成する一つとして東遊園地に設置されている。イタリア語で“音楽の家”を意味する同作品はルミナリエの発祥の地イタリアでは音楽のステージとしても使用されている。

ロソーネ(直径約3メートル) 設置数:9基
例年神戸ルミナリエ作品として旧居留地の仲町通を華やかに彩るアーチ型作品「ガレリア」の最終地点に設置されている。イタリア語で「バラ窓」を意味する。

希望のアーチ(高さ約4.7メートル、幅2.8メートル) 設置数:1基
ルミナリエの光の継続と記憶を象徴とする小型の作品。新型コロナウイルスの影響により神戸ルミナリエが初めて開催中止となった2020年にイタリア側より寄贈された。「1.17希望の灯り」を装飾する。

音楽プログラム

例年神戸ルミナリエのメイン作品の1つとして華やかに会場を彩る「カッサアルモニカ」。イタリア語で“音楽の家”を意味する同作品をコンサートステージとして使用しルミナリエ作品の「希望の光」と癒しの楽曲をお届けします。

日程時間各日程の主な出演者
12月9日(金)18時~20時神戸市立桂木小学校HAPPY合唱団
12月10日(土)18時~20時The Drum Room KOBE™ スペシャルバンド(スズキトモヒサ)
12月11日(日)18時~20時井頭 月(いがしら つき)
第21回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
12月12日(月)18時~20時OUGI
~神戸・甲陽音楽ダンス専門学校~
12月13日(火)18時~20時鞴座(ふいござ)
12月14日(水)18時~20時Yuka Singer
第18回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
12月15日(木)18時~20時高橋リエ(たかはしりえ)
第15回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
12月16日(金)18時~20時K-106
12月17日(土)18時~20時アンサンブル・ヴォイスペクティブ
12月18日(日)18時~20時広瀬未来&高橋知道スペシャルバンド

※諸事情により変更する場合があります。
※小雨決行

【12月9日出演】神戸市立桂木小学校HAPPY合唱団
NHK全国学校音楽コンクールでは、兵庫県大会金賞、近畿ブロック大会金賞を受賞し、近畿の代表として全国大会に出場しました。日頃は、互いの歌声を聴いてアドバイスし合ったり、歌詞について話し合ったりして、絆を深めています。また、『明るくあいさつをしよう。』『笑顔で返事をしよう。』『みんなのために進んで働こう。』をめあてに合唱を通して心も大きく成長できるよう活動しています。

【12月10日出演】The Drum Room KOBE™ スペシャルバンド(スズキトモヒサ)
The Drum Room KOBEは打楽器奏者スズキトモヒサが運営する、音楽レッスン・制作専用スタジオ。その The DrumRoom KOBE が主催するイベントでお馴染みの演奏家が集まったスペシャルバンド。実力派メンバーによる様々な楽曲をお楽しみください。

【12月11日出演】井頭 月(いがしら つき)
第21回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
2016年から本格的にジャズヴォーカリストとして活動を開始する。
声楽由来の伸びやかさとジャズの艶やかさを兼ね備えた歌声が持ち味。現在は京阪神を拠点に東京、金沢など活動の幅を広げながら演奏を行っている。2022年第21回神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテストグランプリ受賞。

【12月12日出演】OUGI ~神戸・甲陽音楽ダンス専門学校~
地元神戸で洋楽、オリジナル楽曲を中心に音楽活動中。
アメリカへの留学経験もあり、幅広いジャンルの歌唱を得意としている。
2021年5月からボイストレーナーとしても活動中。

【12月13日出演】鞴座(ふいござ)
かつて時代の最先端であった鞴座はバグパイプやアコーディオンなどの鞴楽器と鉄弦ギターを用いた新しい音楽のスタイルとなって現代に蘇りました。アイリッシュ・ケルトやフランスのミュゼットクレズマーやロマなどのヨーロッパの大衆音楽を基調としそこに様々な要素とジャパニーズ・テイストを加味した全く新しい、それでいてどこか懐かしいサウンドです。

【12月14日出演】Yuka Singer
第18回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
神戸在住。2017年には「神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝」で本選トップバッターで出場、グランプリ受賞。
米国シアトルの世界的老舗ライブハウス「JAZZ ALLEY」にてシアトル&神戸市姉妹都市開港150周年の記念の 
年にグランプリ記念ライブも成功を収める。JAZZ、ジャンルを問わずPOPS、ROCK、R&B、演歌、歌謡曲など歌い、関西を中心にライブハウスやホテルなど演奏活動中。

【12月15日出演】高橋リエ(たかはしりえ)
第15回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト優勝
神戸市出身。2007年からジャズ・シンガーとして活動を始め、2007年6月にはNHKテレビに生出演。ミニコンサートを経験する。
2009年神戸新開地ジャズヴォーカルクィーンコンテストでは『準グランプリ』を受賞。2014年、第15回ではグランプリを獲得し、9月には夢の一つである全米最大級のJazz Alleyで単独公演を行う。
現在は老舗名店のSONE(神戸)にレギュラー出演し、関西を代表する人気シンガーの一人。

【12月16日出演】K-106
1999結成。関西を中心に精力的に活動中の、 7 人編成インストファンクバンド。歌ものにはない奔放さと、言葉を介さないが故に広がる垣根のない世界観。その柔軟性が持つ強みと、作品表現としてのハードルとを常に見くらべ向き合いながら、主催イベント「Kのるつぼ」をはじめとする自らのライブ活動の中で着実な成長をものにしてきた。2019年12月には、結成 20 周年を記念して、 2 枚の CD アルバムをリリース、また、20 周年イベント「大るつぼ」を味園ユニバースにて開催した。




【12月17日出演】アンサンブル・ヴォイスペクティブ
関西で活動するプロフェッショナル声楽アンサンブル。
2011年結成。2016 年度フェニックス・エヴォリューション・シリーズ選出。
ゲーム・アニメ系の音楽の合唱等でも活躍。上⽥益が作曲してきた神戸ルミナリエの会場演出⾳楽にも参加している。

【12月18日出演】広瀬未来&高橋知道スペシャルバンド​​​​​​
<広瀬未来>
1984年神戸生まれ。甲南中学と同時にトランペットを始める。在学中より関西各地でプロ活動を開始し、2002年、中山正治ジャズ大賞、なにわ芸術祭新人奨励賞、受賞。 2003年New Yorkに渡り、フリーランストランぺッターとして活動。ジャズを始めサルサ、ヒップホップ、ファンク、様々なジャンルのフィールドで活動し、全米、ヨーロッパのライブハウス、ジャズフェスティバルなどに出演する。自身のアルバムも 2 枚リリースし、各方面から絶賛を受け、ニューヨークの新進トランぺッターをフィーチャーするフェスティバル「 FONT 」に自己のクインテットで出演。
<高橋知道>
高校入学と同時にテナーサックスを始め、スチューデントジャズフェスティバルにおいてバークリー賞を受賞。2007年には自身のバンド「Bring Station」でデビューアルバム「Brother」をリリース。同年9月、ニューヨークへ移住。2008年8月に帰国。「第二回神戸ネクストジャズコンペティション」でグランプリ受賞。2010年には新たに結成した自己のバンド、「 New Impressions 」でアルバム「 Blues for Pleasure 」をリリース。


分散開催で規模を縮小という形ですが、ゆくっり楽しんでみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
神戸ルミナリエ presents「カッサアルモニカ/音楽の宝箱」 – Feel KOBE 神戸公式観光サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。