兵庫県が「マイナンバーカード取得状況」を公表してる。県民のおよそ28%程度が持ってるという結果に

兵庫県より、県内のマイナンバーカード取得状況(申請中を含む)が公表されました。

県民の取得状況(8月末)
【兵庫県民】28.70%〔全国4位〕
【全国民】25.43%
【全国TOP5】①宮崎県(32.760%)②東京都(32.756%)③神奈川県(30.02%)④兵庫県(28.70%)⑤大阪府(27.87%)

全国的には、兵庫県はマイナンバーカードを持っている人が多少多いという結果ですが、これがそもそも多いと見るか少ないと見るか。といったところでしょうか。

兵庫県内の自治体単位の取得状況は以下の通りです。兵庫県内では、三田市が40%を超えていて、自治体によってもバラツキがある状況です。

県・市町職員の取得状況(6月末)
【県職員等】49.13%
【市町職員等】(41団体平均)53.02%
【TOP3】①小野市(100%)②たつの市(98.23%)③佐用町(97.60%)

自治体職員のマイナンバーカードを持っている割合は以下の通り。平均で半分程度で、小野市では100%となっています。

9月3日から、区役所の出張所で「証明書交付機」が使えるようになっています↓↓↓

区役所の全出張所で「証明書交付機」が使えるように。「マイナンバーカード」を使って窓口よりも証明書が安く

2020.09.10

2016年1月から本格運用が始まったマイナンバー制度。4年半が経過して、県民の4人に1人がマイナンバーカードを持っているという結果ですが、浸透するにはまだまだこれからといったところでしょうか。

◆関連リンク
兵庫県 – 公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。