神戸どうぶつ王国で『ミナミコアリクイ』の赤ちゃんが親子で公開されるみたい

ライター:ユカコ

神戸どうぶつ王国で『ミナミコアリクイ』の赤ちゃんが、1月8日(土)から親子で公開されるそうです。


神戸市中央区港島南町7-1-9

『ミナミコアリクイ』は、長くて丈夫な尾を使って木登りをする動物で、南アメリカ北部に分布しています。

大きな爪は、アリ塚を壊すことや武器としても使われるそう。一度の出産で産まれるのは一頭だけ。子どもはしばらく親の背中に乗って育てられ、約一年で成熟します。

公開場所は、園内の「コンタクトアニマルズ」エリア。去年の12月2日に生まれた赤ちゃんと、そのお母さんの「コハル」が一緒に展示されるみたいです。



赤ちゃん個体情報
【名前】未定
【生年月日】2021年12月2日生まれ
【性別】不明

公開日
2022年1月8日(土)から
【時間】10:00~11:00/13:30~15:30(平日・土日祝ともに)※動物の体調などにより内容が変更・中止になる場合があります

公開場所
神戸どうぶつ王国 コンタクトアニマルズ

ミナミコアリクイの特徴である、赤ちゃんがお母さんの背中に乗った、可愛らしい姿を見られそうですね。

神戸どうぶつ王国では、11月2日に生まれた「アルパカ」の赤ちゃんも親子で公開されてます。

神戸どうぶつ王国で「アルパカ」が親子で公開されてる。11月2日に生まれたばかりのメスの赤ちゃん

2021.11.30

◆関連リンク
神戸どうぶつ王国 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。