神戸どうぶつ王国で「アルパカ」が親子で公開されてる。11月2日に生まれたばかりのメスの赤ちゃん

ライター:ふうか

ポーアイの神戸どうぶつ王国で、11月2日に生まれた「アルパカ」の赤ちゃんが親子で公開されています。


神戸市中央区港島南町7-1-9

2021年11月2日(火)に、アルパカの赤ちゃん「和(なごみ)」が誕生しました。

前回から2年越しの赤ちゃん誕生なんだそう。生まれたのはメスのアルパカで、現在展示中の「レイ(オス)」の妹になります。

現在「和(なごみ)」は、母親の「カンナ」と一緒に親子で展示されています。

展示場では、赤ちゃんが元気に走り回る姿や、授乳する姿などもみられるそうですよ。

 

 


アルパカ赤ちゃん プロフィール
【出生日】2021年11月2日
【名前】和(なごみ)
名前の由来:2年前に生まれた兄が「レイ」という名前なので、2頭で「令和」
【性別】メス
【両親】母親:カンナ/父親:アラシ

公開時間
11:30~閉園まで
※雨天中止
※土日祝は、日没の関係でアウトサイドパークは閉場16:30です。展示時間も同時刻となります。
※動物の体調などにより、やむを得ず予告なく内容が変更・中止になる場合があります。

場所
アウトサイドパーク「羊ケ丘」

生後1か月にも満たない「赤ちゃん」を見られるのは今だけなので、ぜひ。

神戸どうぶつ王国では、つい先日「マヌルネコ」の新しい展示場がオープンしています。

神戸どうぶつ王国で『マヌルネコ』の新展示場が11月19日(金)オープン。1頭ずつ交代で展示→2頭同時展示へ

2021.11.19

◆関連リンク
神戸どうぶつ王国 – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。