「六甲枝垂れ」で2年ぶりに『氷の切り出し』1/20 夏まで氷を貯蔵する「氷室」も特別公開されるそう

ライター:エミ

去年は暖冬で中止になった『氷の切り出し』が、今年は開催されることになりました。見学可能で、氷を貯蔵する「氷室」も特別公開されるそうです。

氷の切り出し

2021年1月20日(水)10:00~
自然体感展望台 六甲枝垂れ


神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

『氷の切り出し』は、「六甲枝垂れ」東側にある「氷棚(ひょうだな)」にできた天然の氷を切り出す、六甲山の冬の風物詩。

その氷は夏まで貯蔵するため「六甲枝垂れ」内部にある「氷室(ひむろ)」に運び入れられます。

当日は「六甲枝垂れ」入場で見学が可能です。一般公開していない「氷室」も、当日10:00~14:00は特別公開されるそう。

夏には、切り出された氷を使った「冷風体験」が行われています。「氷室」へ風を取り込み、「六甲枝垂れ」内部に循環させることで、真夏でも「六甲枝垂れ」内部を20℃程度に保つことができます。

「ひのき」の香りとともに、ひんやりとした温度を感じられるそう。

自然体感展望台「六甲枝垂れ(しだれ)」で今年も冷風体験!氷室開きの7/13(月)は入場無料。デートスポットで人気

2015.07.13

「自然体感展望台 六甲枝垂れ」営業概要
【営業時間】
・1月11日(月・祝)まで 平日 10:00~18:00/土日祝 10:00~21:00
・1月12日(火)~3月19日(金) 平日 10:00~18:00/土日祝 10:00~20:00
※天候等により変更する場合あり
※最終受付は終了時間の30分前。

※3月2日(火)~4日(木)はメンテナンスの為、六甲ガーデンテラス全面休業
【入場料】
大人(中学生以上)310円/小人(4歳~小学生)210円

1月20日は「大寒の日」。行く際は防寒対策を念入りに。

◆関連リンク
神戸・六甲山 公式おでかけサイト – 公式サイト

エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。