神戸のクリエイターへインタビュー『デザインの力で、ほんの小さな華やぎを。』 デザイナー・くにかた ゆうか ~CREATORS LETTER~

ライター:このみ

神戸市内で活躍するクリエイターの情報を発信する『CREATORS LETTER』。

クリエイターと企業をつなぐウェブサイト「KOBE CREATORS NOTE」と連携して、デザイナーやディレクター・カメラマンなどさまざまなクリエイターの作品や活動への想いをご紹介していきます。

くにかた ゆうか  デザイナー 

神戸を愛するデザイナー。

1990年伊勢市生まれ、神戸市在住。
6歳になる娘の母。

神戸大学発達科学部卒。在学中は神戸大学総合情報誌「KooBee」の制作に携わる。卒論は「神戸ノートの有用性と課題」。

制作会社のデザイナー、インテリア会社のインハウスデザイナーを経て、現在は化粧品会社のインハウスデザイナーとして勤務。

「t2h design」の屋号にてフリーランスのデザイナーとしても活動中。

思いやり、繋がり、ストーリーなどの「目には見えない人の心を動かすもの」をデザインを通して伝えることを大切にしています。

なぜ、「デザイナー」をやっているのか?

大学時代に所属したフリーペーパーを制作するサークル(KooBee / クービー)での誌面制作が、デザイナーを目指すことになったきっかけです。

神戸にあるカフェの広告ページを制作した際、掲載店舗のオーナーさん、営業のメンバーなど、多くの方の想いを届けられたと感じ、「誰かの想いを形にできる」というデザインの魅力を知りました。

デザインを仕事にしたいと思っていたものの、就活で広告系・デザイン系の企業は全落ち。

新卒では人材サービス会社で勤務していましたが、やっぱりデザイナーになりたいと強く思い、結婚を機に退職。

スクールに通いWebデザインを学び、その後制作会社にてデザイナーとしてのキャリアをスタートさせることができ、6年目になります。

デザイナーは目には見えないクライアントの要望やイメージをアウトプットすることが求められます。

相手が本当に求めているものは何かを考え抜き、相手が「言った通り」ではなく、「思った通り」のデザインを目指しています。

また、目の前のクライアントはもちろんですが、デザインの受け手であるユーザーの心を動かすアウトプットができるよう努めています。

神戸で活動する理由

大学時代から神戸に住み続けて10年以上になります。

神戸に住みたい、と思った理由はただ一つ、大好きなアコースティックギターデュオ「DEPAPEPE」が神戸出身だから。

「DEPAPEPEの音楽が生まれた場所を知りたい、ふたりが見てきた世界を自分の目で見たい。」その強い思いを胸に、高校時代必死に勉強し、合格を勝ち取りました。

実際に住んでみて、エリアによって表情が違う、神戸という街はやはり魅力にあふれていると感じています。

旧居留地の高級感、南京町のチャイナ感、ハーバーランドの解放感、栄町のレトロ感、六甲山から見える煌びやかな世界。

全部ひっくるめて神戸が大好きです。

神戸で出会った夫と結婚して、娘が産まれ、デザイナーという好きな仕事ができるようになって。今のわたしの大切なものは、神戸じゃないと掴めなかったと思っています。

これからも大好きな神戸という街で、デザイナーの仕事を続けていきたいです。

代表的な作品と想い


うたまろのWebサイト・ロゴ・グッズデザイン

三重県津市出身のフォークデュオ「うたまろ」のWebサイト、グッズなどのデザインを制作しています。

定期的に行っている配信ライブの告知画像に毎回のテーマや季節感を表現したり、ロゴにひとつの楽曲の印象的なサビのフレーズを表現したり、うたまろの柔らかく優しい世界観が伝わる、リスナーの心に響くアウトプットを大切にしています。


ドラマー・横田誓哉さんの名刺

神戸でもライブを多数開催している、関西出身のニューオリンズ・ブラスバンド「BLACK BOTTOM BLASS BAND」のドラマー・横田誓哉さんの名刺デザイン。

上品なデザインに、横田さんの好きな爬虫類の要素をポイントで入れることで、その人らしさを表現した個性が感じられる名刺になりました。


結婚式のペーパーアイテム

自身のブランドを立ち上げ、ECサイトでペーパーアイテムを販売しています。

友人からの依頼で結婚式のペーパーアイテムを制作したのがきっかけです。

目の前の自分の大切な友人に喜んでもらえたこと、また、実際にその結婚式にて招待客の反応をダイレクトに見ることができたのはとても嬉しい経験でした。

オンラインで販売を開始してからは、ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」の特集ページに掲載していただいたり、ウエディング特化型ECサイト「CORDY」のイベントにて展示していただいたりしました。

結婚式という一生に一度の特別な日のわくわくを増やせるよう、丁寧にお客様と向き合うことを大切にしています。

これからの活動と目指す世界

子育てと仕事の両立には悩み続けていますが、どちらもずっと神戸を拠点に頑張っていきたいと思っています。

子育てと仕事のバランスのちょうどいいところを探し続けて、今は「企業のインハウスデザイナー」と「フリーランスのデザイナー」のパラレルワーカーという形になりました。

どちらが本業、どちらが副業という感覚ではなく、両方本業だと思っています。

この先、環境の変化などで別の働き方の選択をすることになるかもしれませんが、企業で働くにしても、フリーランスで活動するにしても、神戸で活動を続けていけたらと考えています。

発達科学部で教育を学んでいたので、教育分野のデザインにも関わりたいです。

ありがたいことに、デザイナーとして神戸の「制作会社様」とお仕事をする機会が多く、今後はさらに、神戸の企業様やお店など、神戸にゆかりのある方とも一緒にお仕事ができれば嬉しいです。

デザインを通して、神戸の魅力をたくさんの方に届けられるよう、これからも活動を続けていきます。

くにかた ゆうか  デザイナー 
t2hdesign | Kobe Creators Note|神戸クリエイターズノート


神戸市内で活躍しているクリエイターと企業がつながる「KOBE CREATORS NOTE」。興味がある人は、ぜひ、サイトへ。

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。