神戸ポートピアホテルの結婚式場でボクシング世界戦~7月18日(金)国内では異例のホテル興行~

ライター:カズマ

TEIRU
ボクシングの千里馬神戸ジムは、神戸市内で会見し、IBF世界スーパーフライ級3位で前日本同級王者の帝里(ている)木下(28)が同級1位・ゾラニ・テテ(25)=南アフリカ=と王座決定戦を行うことを発表しました。


7月18日に神戸ポートピアホテルの結婚式場で行い、国内では異例となるホテル興行。観客にもタキシードなど正装が望まれ、ラスベガスムード漂う世界戦になるそうです。


異国情緒漂う神戸でラスベガス気分が味わえるんだそうで、帝里の世界戦会場は神戸ポートピアホテルの大広間、大輪田の間に決定。約3000人収容可能な結婚式場で、もちろんボクシングで使用されるのは初めてなんだとか。
 

千里馬啓徳会長(56)が現役時代の85年、米デトロイトに遠征して以来、夢に描いていた国内では珍しいホテル興行。元世界2階級王者・長谷川穂積(真正)が同ジム所属時に1度破談した経緯もある中、30年越しで実現。


結婚式場だけに、スポットライトなど演出設備も充実。「パンチパーマと草履はお断り。紳士淑女の格好、タキシードでお願いします」と会長。海外ばりの「セレブ感」にこだわり、観客には正装での来場を求めた。


異例の一戦ながら、ホテル勤務の帝里にとっては、まさにホームとなる。この日は職場の神戸ポートタワーホテル内で会見。「雰囲気は慣れ親しんでいる」と、腕をぶした。
 
 
08年5月のデビューから20戦19勝(3KO)1分け、日本王座を5度防衛し無敗をキープ。前王者の亀田大毅(亀田)のベルト返上にともない、チャンスが巡ってきた。王座を争うテテは、21戦18勝(16KO)3敗と強打が自慢。サウスポー対決に「強いですが隙も見つけた。絶対かなわないという相手ではない」と自信を示した。 元世界王者・徳山昌守氏に憧れ、競技を始めた。大先輩からは「死ぬ気で頑張れ」とゲキももらった。勤務先の松山みさお社長(43)からは世界奪取なら昇進を約束された。


「必ず獲ります」。ホテルマンの意地にかけ、ホテル決戦で負けられない。


★神戸ポートピアホテル
http://www.portopia.co.jp/

場所はココ↓↓


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長