9月30日【今日は何の日】1945年 神戸市の職員数が2,657人となる &【神戸ジャーナルPRESS】

ライター:カズマ

過去の神戸の「今日」はどんな日だったのでしょうか?

神戸市役所



1945年9月30日(昭和20年)
神戸市の職員数が2,657人となる。



神戸市の職員数が2,657人となったのが、1945年(昭和20年)の今日です。

イマイチこの人数が何を意味するのかがわかりにくいですが、参考に示すと、1945年の神戸市の人口は38万人で職員数が2,657人、現在は神戸市の人口が153万人で職員数が14,949人になります。現在でいうとだいたい人口の1%くらいですが、昔は0.7%くらい。

もう少し掘り下げますと、1945年は神戸大空襲があって神戸市の人口が100万人から38万に一気に減少していますので、仮に1945年の人口が100万人として計算すると、大体、職員の割合は人口の0.27%ってことになります。

サービスレベルの問題もありますので、この数字をどう見るかは難しいですね。
 
 
◆関連リンク
神戸市 – Wikipedia


その他の今日の出来事


1931年 − 市電葺合車庫を廃止し、春日野車庫を新設

1933年 − 市バス川上町3~車大道延長免許

1933年 − 裏山開発工事中の随道工事に着手

1945年 − 七・七禁止令(しゃし品等製造販売制限規則)廃止

1946年 − 省線ガード下の禁止地区の267軒、緑地帯上の235軒、南歩道上の184軒を立退かせる

1947年 − 神戸港沿岸荷役同業組合、閉鎖機関に指定

1948年 − 神戸市指導農業協同組合連合会設立

1948年 − 神戸市畜産販売農業協同組合設立

1949年 − 番町地区改善委員会発足

1953年 − タイ領事館開設

1955年 − 神戸西ロータリークラブ誕生



「今日は何の日」一覧





誰でも無料でPR情報を掲載できる告知スペース↓↓


神戸ジャーナルPRESS






ここで告知したいことがある方は、
神戸ジャーナルPRESS」に情報を投稿してください!
投稿承認後、しばらくすると表示されます。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。