JR神戸線の『普通・快速電車の車両』がリニューアルされるみたい。11月中旬から導入される。

ライター:カズマ

JR神戸線の『普通・快速電車の車両』がリニューアルされるみたいです。


前面
先日、網干総合車両所(兵庫県太子町)で公開されたんですが、安全性が向上され、バリアフリーにもなったそうです。


リニューアルは全484両(JR西日本の所有している全体は、6511両です)のうち、運行開始から20年を越えた約160両が対象なんだそうで、3分の1程度が入れ替えになることになります。


シート
大きな変更点としましては、座席中央部に握り棒と仕切りを導入したことで、JR西日本で初めてなんだそうです。


握り棒は混雑時などに乗客が安定して立てるほか、座席から立ち上がる際にもつかみやすいそうです。また、仕切りは急停車などの際に衝撃を和らげるということみたいです。あと座席が7人から6人掛けになってますので、写真でいうと、3人ずつ座ることになります。


座る人によって、微妙にちょっとずつスペースが空いちゃって7人が座れないってこともありますので、スペースを小分けにしてくれると、座る場所が明確になるのでよいですね。


あと、1編成の先頭と最後尾の車両に1カ所ずつ、車いすとベビーカーの共用スペースを設けたり、ドア付近にはスピーカーを設置し、閉まる際に音声案内が流れるようになったそうです。


ちなみに1編成の意味は、運転台車両から運転台車両までのことで、真ん中辺りで途切れたりして、運転席がある車両が向き合ったりしていると、あれは2編成に分かれているということになります。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。