神戸に『日本パン学会』ができるそうな。主食『パン』のパン文化を確立するみたい。

ライター:カズマ

パン学会
日本一パン好きが集まる神戸で、まもなく「日本パン学会」が設立されるそうです。パンのことについて幅広い研究を行うんだとか。


現在では、世帯あたりの消費額がお米を抜いているんだそうで、パンは主食となりつつあります。また、非常食としても活躍できるとして、今後はさらに期待されています。


立ち上げは、元銀行員の遠藤久さん(67)という方なんだそうで、元々は外国料理の食べ歩きをしていたそうです。そんな中で、有名なフランス料理屋さんで食べた美味しいパンが、実は冷凍だとシェフに教えてもらったそうです。


冷凍のパンをお店で焼くスタイルを初めて知った遠藤さんは、ここからパンの研究を始めましたが、焼き方などの技術的な資料は多かったみたいですが、その他の研究などはなく資料がとても少なかったそうです。


ってことで、今回の「日本パン学会」の設立の流れになるわけですが、設立メンバーには、芦屋大学の教授など30名が参加されるそうで、その中にはパンの事業者だけではなく、消費者代表のような人も入っているそうです。


神戸市では、一世帯あたりの年間パン支出額が3万7187円と全国一です。そんな神戸市に学会の本部を置き、事業者だけではなく、消費者目線でも研究をして、パン文化の確立を目指すんだそうです。


ちなみに、遠藤さんは、「しあわせの村」に設置された神戸市シルバーカレッジに所属されていたそうで、そこでの研究が始まりということになります。「食文化専攻」というコースがありますので、多分そちらに所属していたんでしょうか。

◆関連リンク
神戸市シルバーカレッジ
 
カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。