11月29日【今日は何の日】1930年 川崎造船所、7000名解雇、アイドル・システム改革、1350名に帰休命令 &【神戸ジャーナルPRESS】

ライター:カズマ

過去の神戸の「今日」はどんな日だったのでしょうか?

川崎



1930年11月29日(昭和5年)

川崎造船所、7000名解雇、アイドル・システム改革、1350名に帰休命令。





川崎造船所、7000名解雇、アイドル・システム改革、1350名に帰休命令を行ったのが、1930年(昭和5年)の今日です。


1927年(昭和2年)の金融恐慌で主要取引銀行の十五銀行が休業したこと、および1930年の金解禁(禁の輸出の解禁)によって、経営破綻し、大量の人員を整理することになったそうです。

今では大企業に成長していますが、とっても苦労した時期があったんです。



◆関連リンク
川崎造船所(かわさきぞうせんじょ)とは – コトバンク


その他の今日の出来事


1600年 − 池田輝政が淡河に禁制を出す

1930年 − 川崎造船所、7000名解雇、アイドル・システム改革、1350名に帰休命令

1935年 − 輸出手形損失補償制度創設

1943年 − 大東亜新聞代表来神(各地代表43名)

1948年 − 海員組合、48時間ストに突入

1962年 − 第七突堤の穀物サイロ20基(収容能力1万2000トン)完工式

1963年 − 関西電力火力発電所建設に反対して東灘煙害防止協議会結成、酒造業者も参加

1963年 − 長峰中学校校舎落成式

1963年 − 日韓定期航路の第1船関西汽船「なにわ丸」神戸を出港



「今日は何の日」一覧







誰でも無料でPR情報を掲載できる告知スペース↓↓



神戸ジャーナルPRESS






ここで告知したいことがある方は、
神戸ジャーナルPRESS」に情報を投稿してください!
投稿承認後、しばらくすると表示されます。




カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。