神戸でまた自転車事故の裁判!「中1男子と両親」が1150万円の損害賠償で訴えられる。

ライター:カズマ

自転車
去年の4月に、兵庫区で自転車事故があったんですが、その治療費など約1150万円の損害賠償を求めて、加害者側の「中1男子と両親」が訴えられたそうです。


場所はこのあたり↓↓





加害者は中学1年の男子生徒(当時12歳)で、神戸市の女性(39歳)が自転車で衝突され、めまいや頭痛の後遺症が残ったんだそうです。


訴えた被害者は、「子どもに注意を払い、指導監督すべき義務があったのに怠った」として両親も対象としたんだとか。


神戸では、以前も同様に加害者の少年(当時、小学生)とその親が一億円近い金額の支払いを命じられる判決がでているケースがあり、この秋から自転車保険が義務化される予定です
※保険については兵庫県の取り組みです。


すでに保険の加入はできますので、まだ加入してないって人はぜひ加入をオススメします。年間¥1,000からの掛け金ですので加入しやすいと思います。

兵庫県交通安全協会 – 公式サイト

後遺症が残るなど、自転車も乗り方を間違えれば、いや、間違えなくても危険な凶器になりえる訳なので、注意してても事故は起こる可能性だって十分あります。


子どもに対する監督責任と言われても、注意をしたとしても実際はいつも一緒に移動はしていませんし、そういう意味では結果責任となります。子どもさんがいる家庭については、早めに検討してはいかがでしょうか。


カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 名無し

    前に子供が自転車で人にぶつかって、後に亡くなった事件があったけど
    その時子供に請求された損害賠償は確か5千万ぐらいだったと思った。

    2015年5月15日2:23 PM 返信する