垂水区の「旧グッゲンハイム邸」で一夜限りの音楽会『チェリーブロッサム・ジャパンツアー』ポーランド&日本のピアニストが春を奏でる 4/7(金)

旧グッゲンハイム邸
垂水区にある異人館「旧グッゲンハイム邸」で、ポーランドと日本のピアニストによるコンサートが開催されます。


場所はココ↓↓




旧グッゲンハイム邸
『チェリーブロッサム・ジャパンツアー』と題しまして、ポーランド在住のピアニスト兼作曲家「トマシュ・ベトカ」さんと日本のピアニスト「横山起朗」さんがツアーを行うそうです。


物語を想起させる「トマシュ・ベトカ」さんの東欧の気品の香るピアノと、控えめですが思わず聴き入ってしまう「横山起朗」の美しいピアノのコラボレーションが楽しめます!


開催日程
2017年4月7日(金)
19:30 オープン/20:00スタート

場所
旧グッゲンハイム邸
神戸市垂水区塩屋町3-5-17

料金
予約 2,500円/当日 3,000円
 
予約・問い合わせ
旧グッゲンハイム邸(078-220-3924
E-mail guggenheim2007@gmail.com


Tomasz Betka トマシュ・ベトカ
Tomasz・Betka
ポーランド出身。ピアニスト、作曲家、音楽プロデューサー。作曲家としては、ポーランド国内にてCMや演劇、様々なアーティストへの楽曲提供を行う。プロデューサーVince Lawrenceの知遇を得て、アメリカでAndrea Love,Yvonne Gageとの共同制作による作品を発表し、近年ではオペラ歌手Alicja Węgorzewska-WhiskerdのアルバムI Colori Dell’Amoreに楽曲を提供する。

現在は、主にソロピアノでの演奏活動に力を入れており、自身のピアノの楽曲を集めたアルバムMiniaturesを発表すると、ポーランド国内のみならず、ブラジルでも公演を行い、好評を博す。確かな技巧と気品ある音色によって奏でられるその音楽は、聴く者に物語を感じさせるシネマティクスタイルとも評される。昨今、ピアノ音楽の発展がめざましいポーランドで、注目すべき音楽家のひとりである。
 





Tatsuro Yokoyama 横山起朗
Tatsuro Yokoyama
ピアニスト、作曲家、文筆家。ポーランド国立ショパン音楽大学にてピアノを学ぶ。作曲はほぼ独学。演劇、テレビ番組等に楽曲の提供を行う。詩人や朗読家とのコラボレーション等、他ジャンルの表現者との交流も多い。書きためていた楽曲の中から厳選し制作したアルバム solo piano 01:61では、楽曲と共に静謐な文章と白黒写真を添えて評判となる。その音楽は、通り過ぎてしまいそうなほど控えめだが、いつの間にか足を止めて聴き入ってしまう、と評される。 音楽活動と並行し、月刊ショパン、新聞、ウェブメディアに随筆や掌編の寄稿を行う。近年、ポーランドと日本をまたにかけ、様々な表現方法を用いて、旺盛に活動する音楽家である。
 






それにしても「旧グッゲンハイム邸」でのコンサートとか、オシャレな場所でしますねぇ。結婚式などで行ったことのある人もいるかもですが、「旧グッゲンハイム邸」では結構こういったイベントを行っています。


非日常でレトロな空間でのピアノコンサートは、フワフワしながら楽しめると思いますよ!


◆関連リンク
sukuto – 公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。