都心「三宮」のロゴマークが最終決定したみたい。

ロゴマーク

三宮周辺の再整備にあたって、神戸市では、神戸の都心の未来の姿『将来ビジョン』と、三宮周辺地区の『再整備基本構想』を策定しています。


その取り組みが分かるロゴマークを検討していましたが、最終的に微調整が入ってデザインが決定したみたいです。


過去の記事はこちら↓↓

『都心・三宮』のロゴマークが決定してる。 – 神戸ジャーナル(2017年06月14日)
『都心・三宮』のロゴマーク策定のため投票を開始してる。5/31まで – 神戸ジャーナル(2017年04月25日)



投票で選ばれたC案と最終決定したものを見てみます。


C案

 


20170424Crogohp
コンセプト
上昇を意味するスパイラルと矢印の要素により、再整備によってまちが発展していくこと表現。
上昇する矢印は神戸の象徴的なランドマークを形づくる。
キャッチコピーとショルダーコピーで 「都心・三宮の再整備」を明確に訴求。

最終決定したロゴマーク

ロゴマーク



ベースになったC案から、プロジェクトという文字がなくなって、若干、色味も変わっています。


プロジェクトの文字がなくなったことで、縦タイプのデザインでも文字が大きくなり、より内容が分かりやすくなったんじゃないでしょーか。あと、全体が明るくなりました。


ロゴマークを使いたい人は、ルールがありますのでご確認を。
使用手続き
公序良俗に反する場合等、使用に関する要綱に反する場合を除き、どなたでも使用することができます。
使用にあたっては要綱の遵守を承諾したうえで、使用届を提出していただきます。
ただし、個人が営利目的ではなくブログ・SNS等で使用する場合等には使用届の提出は不要とします。
 
使用料
無料です。
 
使用方法
使用に関する要綱・ガイドラインをご確認ください。

都心・三宮のロゴマーク決定 – 神戸市


で、これがどういうところで使われるのかってことなんですけど、おそらく、神戸市が関わっている再整備関連の工事現場などでは見れると思いますし、その他でも、広く使われると思います。


三宮再整備
構想通りにプロジェクトが進めば、三宮駅周辺は劇的に変化しますので、これからすごく楽しみですね!