家族で銭湯に行くと「18歳以下の子ども無料」。神戸市が銭湯利用を補助へ

神戸市内39箇所のいわゆる昔ながらの銭湯(一般公衆浴場)で、親子割引の受付が開始されました。

月4回を上限として、親子で銭湯を利用すると、子ども(18歳以下)の入浴料金が無料になります。さらに、子ども一人につき、親(または祖父母)一人の通常料金(430円)が210円に割引となります。

2017年9月に「神戸市」と「神戸市浴場組合連合会」で締結した「地域の銭湯の活性化に向けた協定」に基づいて、同連合会が実施して、神戸市が支援する取り組みです。

利用対象者
神戸市内に在住する子ども及びその親又はその祖父母。(祖父母については市外在住者も含む。)
※子どもが親または祖父母と同時に銭湯を利用する場合に適用されます。
※2019年3月31日時点で18歳以下の子どもが対象となります。

利用可能な銭湯
神戸市浴場組合連合会に加盟している市内39箇所の銭湯

PDF版の見やすいMAPはこちらをどうぞ。

利用方法
利用を開始しようとする月の前月15日までに、郵送により事前の申し込みをしてください。申し込みの際には本人確認書類(健康保険証、免許証など)の写しを添えてください。申し込み後、利用を開始しようとする月までにチケットを交付しますので、そのチケットを各銭湯に持参すると、割引された入浴料で銭湯を利用できます。

チケットについて
毎月4枚が使用の上限です。毎月のチケットはその月の末日までが有効期限です。
チケットの交付枚数は年間で最大40枚です。(申し込みを受け付けた月により異なります。)
※6月1日に申し込んだ場合、7月1日からの利用開始になるので、交付枚数は36枚となります。

親子割引開始日
2018年6月1日(金)~

受付開始日
2018年5月1日(火)~

申請書
こちらで取得できます。

◆関連リンク
神戸の銭湯 – 兵庫県公衆浴場業生活衛生同業組合
子育て世帯の銭湯利用促進事業 – 神戸市