特別展「エヴァンゲリオン展」が神戸に。魅力を解き明かす本格的な展覧会 7/21-9/24 神戸ゆかりの美術館

大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす本格的な展覧会「エヴァンゲリオン展」が神戸にやってきます。全国を回っている展覧会ですが、夏休み期間中にまわってきましたので、ラッキーです。

特別展 エヴァンゲリオン展

2018年7月21日(土)~9月24日(月)
神戸ゆかりの美術館


神戸市東灘区向洋町中2-9-1

エヴァンゲリオン新幹線が終わったので、残念な思いをしていたエヴァファンには、願ったり叶ったりの展覧会ではないでしょうか。展覧会オリジナルグッズもあるそうです。

「エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビアニメが放送されて以来、幅広い世代から人気を集め続ける日本のアニメーション史上、屈指の名作。映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ4部作のうち3部までが公開され、2012年公開の『Q』の観客動員数は380万人を越える大ヒットとなりました。

今回の展覧会は『新劇場版』シリーズを中心に、総数約1300点の作品・資料を展示し、総監督庵野秀明さんと制作会社カラーの監修で開催されます。

新劇場版シリーズを中心に4つの章で構成されます。

1章「エヴァンゲリオンの歴史」では、テレビシリーズから劇場版、漫画版、そして新劇場版シリーズへと続くエヴァンゲリオンの歴史を概観し、2章「エヴァンゲリオンができるまで」では、膨大な数の原画・動画の複製や映像などで、エヴァンゲリオンを作り出した庵野監督や最先端の映像制作に関わるクリエーターたちの『ものづくりの現場』に迫ります。

そして、3章「エヴァンゲリオンの設定」・4章「原画で観る『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』」では、アニメーションの中核となる手書きによる原画や設定資料などを展示します。

会期
2018年7月21日(土)~9月24日(月)

開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
月曜日(ただし9月17日、24日は開館)、9月18日(火)

入館料
一般1,000円(800円)/大学生500円(400円)/高校生以下無料
※( )内は前売・20名以上の団体
※神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)提示の方は一般当日の半額

前売り(6月20日~7月20日)
チケットぴあ(Pコード769-132)/ローソンチケット(Lコード55177)/セブンイレブン/イープラス/CNプレイガイドなどの主要プレイガイド、コンビニエンスストア

会期中のイベント

1. 講演会「アニメーションの歴史-過去・現在・未来-」
【講師】津堅 信之(日本大学芸術学部講師)
【日時】2018年7月29日(日曜)14:00~(約90分)
【会場】神戸ファッション美術館 セミナー室1(当館建物4階)
【定員】90名

2.講演会「エヴァンゲリオン展の見どころ」
【講師】氷川 竜介(明治大学大学院特任教授 本展解説執筆者) 
【日時】2018年8月18日(土) 14:00~(約90分)
【会場】オルビスホール (神戸ゆかりの美術館 5階)
【定員】250名

3.子供のための美術講座「エヴァ色クレヨンをつくろう!クレヨン補完計画」
【講師】当館学芸スタッフ
【日時】2018年8月4日(土)14:00~16:00
【会場】神戸ファッション美術館 セミナー室2(神戸ゆかりの美術館 4階)
【定員】20名(小学生以下)

申込方法
〔イベント名/住所/参加者の名前(2名まで)/年齢〕を記入し、往復はがき、または当館メールアドレス(yukari@office.city.kobe.lg.jp)にお送りください。
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中2-9-1 神戸ゆかりの美術館

申込締切
1は7月17日(火)、2は8月3日(金)、3は7月20日(金)必着。いずれも応募多数の場合は抽選。応募が定員に満たない場合は、当日開館後、整理券配布(先着順)。
※イベントへの入場は無料ですが、展覧会入館券(入館済半券も可)が必要。

◆関連リンク
ゆかりの美術館 – 神戸市