工場従業員がお弁当箱にご飯だけを詰めて、お好み焼き屋で昼食をとったところから始まったといわれる神戸発の料理は何?【神戸クイズ】

神戸のことをもっと知れる【神戸クイズ】のコーナーです。

今回のクイズをどうぞ。

 

 問題 
工場従業員がお弁当箱にご飯だけを詰めて、お好み焼き屋で昼食をとったところから始まったといわれる神戸発の料理は何?

 

①お好み焼き定食
②オムごはん
③焼そば定食
④そばめし

 

正解は......

 ④そばめし  です! 

問題提供:神戸商工会議所 第1回 神戸学検定 初級 問9(平成19年)

 解説  そばめし

神戸の下町である長田区のお好み焼き店で、近隣の町工場で働く工員が、弁当の冷やご飯をそばと一緒に炒めてくれと頼んだことが始まりと言われています。

持ち込みの白飯で焼きめしを作るというサービスは従前から行われていたため、それがそば焼きと一体化して誕生したメニューです。

 

これまでの【神戸クイズ】すべての問題はこちらからどうぞ。

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。