垂水駅の山側にある『垂水小学校』が建て替えになるので見てきた。いよいよ工事が始まる

ライター:このみ

垂水駅の近く「レバンテ垂水」の山側にある『神戸市立垂水小学校』の建て替え工事が始まります。

垂水駅周辺の再開発プロジェクトの中でも先行して進んでおり、すでに「プール」は解体済み、「文化財調査」も予定通りであれば2021年で完了しているようです。


神戸市垂水区日向2-4-6

『垂水小学校』は、今年で150周年を迎えるそうですが、垂水駅周辺の再開発プロジェクトによる「児童数増加」に対応できるよう、校舎の建て替えが進められているようです。

『 垂水小学校』を上から見るとこんな感じで、南側が「正門」です。

西側がすでに解体された「プール」があった場所で、校舎は横に細長い「北校舎」と東側の「東校舎」2棟からなります。

 

 

工事が完了すると、プールがあった位置に5階建ての「西校舎」ができ、3~5階部分が体育館になるみたいです。正門側できる「南校舎」も同じく5階建てで、屋上に「プール」ができます。

今回の建て替えによって、ほかにもこんな改善が予定されています。

・普通教室・特別教室の確保
・グラウンドの拡張
・体育館の拡張および天井高の確保
・校舎等のバリアフリー化
・多目的室・学習室の整備

「西校舎」は来年、「南校舎」は2025年頃から使えるようになるみたいなので、学校全体が完成するのは少し先になります。

新しい校舎ができるのは楽しみな反面、卒業生にとっては「思い出の学び舎」が変わってしまうのが寂しくもありますね。

◆関連リンク
垂水活性化プラン~生まれ変わる海辺のまち~ – 神戸市垂水区

 
このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。