ケンミン食品×神戸のカレー屋さん「マンドリル」などがコラボ。新メニュー『ビーフンカリー』が市内飲食店で販売中

ライター:ユカコ

ケンミン食品×神戸で人気のカレー屋さん「マンドリル」などがコラボして、ビーフンとカレーを組み合わせた新メニュー『ビーフンカリー』を開発したそうです。現在、市内飲食店で提供が始まっています。

カレーの開発は「マンドリル」が手掛け、辛すぎず、甘く濃厚な味わいが特徴の「マッサマンカレー」をベースに、シナモンなどインドのスパイスがふんだんに使用されています。

ビーフンは、ケンミン食品の「お米100%ビーフン」を使用。よく炒めた米の香ばしい香りや、パラっとしためんの仕上がりが、カレーとよく馴染む一品です。

今回コラボを行ったのは、ビーフンでおなじみ「ケンミン食品」、神戸の人気カレー店「Mandrillus(マンドリル)」、神戸を中心に飲食店を展開する「ワールド・ワン」の3社。

新メニューは、三宮の「沖縄料理 金魚」や、南京町の「YUNYUN」などの飲食店で提供されています。

提供店舗
・沖縄料理 金魚 三宮本店
・沖縄創作料理 金魚 hanare
・ひょうご五国ワールド
・マンドリルカレー 和田岬店
・神戸南京町 YUNYUN
※価格はお店によって異なります

神戸で誕生した新感覚のメニューを、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク
ケンミン食品 – 公式サイト

ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。