東遊園地の「こども本の森 神戸」への『イラスト・応援メッセージ』第11弾が発表されてる

ライター:エミ

神戸ゆかりの絵本作家、画家、イラストレーター12名による「こども本の森 神戸」への『イラスト・応援メッセージ』第11弾が発表されました。


神戸市中央区加納町6-1

2022年3月25日(金)の開館に向けて、神戸ゆかりの絵本作家、画家、イラストレーター12名が「こども本の森 神戸」をイメージしたオリジナルのイラスト作品、応援メッセージを寄せています。

東遊園地の『こども本の森 神戸』が3月25日にオープン。「名誉館長」には竹下景子氏が就任するみたい

2022.02.03

開館までの機運を盛り上げていくため、寄せられたイラスト作品、応援メッセージが毎月1作品ずつ「月刊神戸っ子」紙面、「こども本の森 神戸」ホームページ上で発表されているそうです。

 

 

【応援メッセージ】
「宝物はどこ?」
「本の森に住む妖精さんに聞いてみよう!」
「森の図書館へようこそ! 何をお探しですか?」

2月にあたる「第11弾」は「ノーブスミー」さん。絵本を創作する、ライターとイラストレーターのユニットだそうです。

ノーブスミー氏プロフィール
ライターのノーブ(尼崎市出身)とイラストレーターのスミー(京都府出身)からなるメルヘン創作ユニット。代表作に『たるとたたんのたいこまつり』『たるとたたんのくんくんぼうし』(出版ワークス)。2020年、『森のゲオルグ』(同社刊)が秋田県・埼玉県・神奈川県・沖縄県の4県で推奨優良図書に選定される。現在は、ファンタジー絵本・教育絵本・しかけ絵本などを中心に手がけている。

開館までに発表される『イラスト・応援メッセージ』は残りあとひとつ。カウントダウンみたいな感じで楽しみながら、開館を待ちましょう。

◆関連リンク
こども本の森 神戸 – 公式サイト

 
エミ
ライター:エミ
三宮は目をつぶりながら歩けます。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。