【求人】アートとデザインが人を集める『書庫バー』は、まるで“おとなの秘密基地”のような空間だった。繋がり生み出すバーテンダー募集

ライター:このみ

アート好きが集まるアートとデザインの複合施設STORAGE(ストレージ)内にある書庫バー。場所は、JR元町駅から歩いて3分ほど、大丸すぐ北側のレトロなビルの2階。


神戸市中央区三宮町3-1-1

STORAGEは、すべて同じ三星ビルの中にあります。バーのほかに、書店やギャラリー・コワーキングスペースも。

「バー」と聞くと大人だけが足を踏み入れられるほの暗い世界を想像しますが、書庫バーは「おとなの秘密基地」みたいな言葉がしっくりくる感じ。

今回は、そんな書庫バーで店長候補となる正社員の求人募集です。

デザイン事務所が運営する『アートとデザインの複合施設  STORAGE』の魅力をご紹介し、最後に詳しい募集要項もお伝えします。

INDEX
● STORAGEってどんなところ?
● 「書庫バー」はバーではない!?『お酒が飲めるおとなの秘密基地』
● 大手からの転職を決意、ここだから実現できること
● いいアートがきちんと光が当たるように
● 【求人】書庫バーを通して神戸を一緒に盛り上げたい

本やアートに囲まれたSTORAGEに興味のある方はもちろん、一緒に神戸を盛り上げたいという人はぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

STORAGEってどんなところ?

運営している『神戸デザインセンター』も、お店や会社を始める時につくるロゴマーク・印刷物・WEBサイトなどのデザイン業を手掛けており、昨年から六甲ミーツアートのポスターデザインなども担当しています。

4階がコワーキングスペース、3階がギャラリー、そして2階にブックストアと書庫バーがあります。

仕事や勉強をしたり、時にセミナーや交流会の会場としても利用されるコワーキングスペース。このような一般的な使い方のほかに、書庫バーで出会ったアーティスト同士の打ち合わせの場所や、作家の制作活動の拠点としても活用されています。

STORAGEのスタッフとも「アート・デザイン」という共通言語で盛り上がることが多々あるそう。

10時から22時までの間利用が出来て、珈琲&カフェラテ無料でプロジェクターなども借りられます。詳細はこちら


ギャラリー

アート作品の展示会などで使われています。街のど真ん中にあるのでフラっと立ち寄る人も多く、ここでも書庫バーで知り合ったアーティスト同士が合同展示会をすることもあり、STORAGEが【神戸のアートコミュニティ】として人と人を繋いでいる印象。詳細はこちら


ブックストア

窓側は神戸大丸に面していて、落ち着いた雰囲気の中でゆったり本を選ぶ時間に感性をくすぐられます。

アート・デザイン関連の書籍を中心に常時2000冊ほどの本がずらり。アーティストさんのZINE(バーコードの付いていない本)を店内で販売したり、ZINEのデザイン相談を受けることもあるそう。詳細はこちら

オンラインショップもあるのでどんな本が並んでいるのか見てみるのもいいかも。

「書庫バー」はバーではない!?『お酒が飲めるおとなの秘密基地』


書庫バー内での過去のイベントの様子。

お酒と同じくらい本がずらっと並ぶ書庫バーには「アート」という共通点をもった人たちが集まってきます。

ひとえに「アート」といっても、読書や絵を描くのが好きな「趣味」として楽しむ人もいれば、本格的に活動しているアーティストまで様々。

常に全員がアートについて熱弁しているわけではなく、ゆるっと自然体。

このみ
不思議なのはワインラベル・カクテルの桜色そんなふとしたきっかけでクリエイティブな話に花が咲くということ。きっと空間の力もあるんでしょうが、力まなくていい空気感が心地よくて、気付いたらアートの話に。

カウンターに座るお客さんも女性ひとり、学生さん、ご年配の夫婦など様々。仕事のあとの2軒目というより書庫バーを目がけてきたという雰囲気の人が多い印象。

山下さん
親子ほど年齢の違う人たちも自然と会話が生まれたり、アーティストさん同士だとそこから仕事が生まれることもあったりして面白いですよ。結婚相手が見つかった人もいるんです!
このみ
バー特有のギラっとした感じではなく、共通の趣味を持つ人との出会いってところが素敵ですね。

書庫バーでは現在4人のアルバイト「バーテンダー」がいます。

ただ書庫バーの「バーテンダー」はシェイカーを振りながらバーカウンターで寡黙に立っているそんな感じではありません。

このみ
マリノちゃんがバーテンダーをしている日に行きました。お酒の作り方やサービスの仕方はもちろん言うことないんですが「バーテンダー」という響きがしっくりこなかったですね。なんだろう、サークルメンバーのひとりみたいな空気感で立ってくれてるんですよね。
山下さん
マリノちゃんは歌舞伎の演者です。ほかのスタッフもアート作品を作っている人もいれば、純文学が好きという学生さんもいますよ!お酒はあとから学んでくれてもいいと思っていて、ここの空気感に共感してくれる人と一緒に働いています。

『神戸』や『アート』に対しての想いがしっかりあるスタッフが多く、一人ひとりが主体的に「どうやってこのコミュニティを盛り上げていけるか」考えているので、月1ミーティングも結構アツイ語り合いになるとか。


スタッフがお勧めする本を展示したりもしています。

このみ
働いている人たちはバーテンダーの枠を超えて、〈STORAGE企画部〉という感じです。定期開催しているイベントの中にはスタッフ発案のものだけでなく、お客様発案のものもあるそうです。

 現在開催されている定期イベント 

 

『古書とワイン』
ワインソムリエでもあり古書の修繕などをしている方を招いて、ワインを飲みながら歴史のある書物について語らう会


『本プレ』
オススメの本を持ち寄って1人1分ずつ魅力をプレゼン。優勝者には書庫バーからお酒が1杯プレゼントされるというもの。新しい本に出会える機会でもあり、自分がいいと思うものを人に伝えられるチャンスでもある。傍観参加もOK!


『アートトークサロン』
毎月違うアーティストさんを招いてアートについて語ってもらう。アートの世界ってなんか尖っていたり・独創的で難しそうなイメージを持っている人たちにこそ参加してほしい

イベントの有無に関係なく、書庫バーのスタッフは読書好きが多く、日頃からいろんな本を読んでいるそう。

作家やデザイナーのお客様も多いので、そこに居合わせた人たちが自由に話し、お互いの世界観を知れるのもオモシロイところ。

お酒を飲まなくても居心地がいいバーってなかなか無いように感じます。

大手からの転職を決意、ここだから実現できること


STORAGEでストアマネージャーをしている山下 和希(やました かずき)さん

新卒で大手自動車メーカーに入社後、アパレル企業での勤務を経て、STORAGEへ転職。様々な業界・職種を経験したのちに、現在に至る山下さんに「STORAGEで働くこと」について聞いていきます。

▶仕事選びについて

このみ
3社目とのことですが、(社員数や店舗数からみえる)会社規模はどんどん小さく、そしてどんどん新しい会社を選択していますね。仕事選びをする上で変化があったのですか?
山下さん
「いいものを届けられる仕事がしたい」という僕のスタンスは変わっていません。でも、自分が納得したものが、誰かの手に渡る最後の瞬間まで見届けることが意外と難しいんですよね。

大手自動車メーカーに入社したときも、世界に通用する「本物の技術」を自分の目で見たいと感じていたそうですが、会社が大きいと仕事が細分化されて全体のほんの一部分しか関われないという実情に直面したという山下さん。

もちろん決まった仕事だけルーティンで行う方が得意だという働き方もありますが、山下さんの場合は全体に関われる仕事がしたかったようです。

このみ
2回の転職を経て、STORAGEで感じられている「やりがい」はどんなところですか?
山下さん
仕事に「自分らしさ」を持てることです!自分がいいと思ったものを・どうすれば良さが伝わるか考え・最後のお渡しまでに関わる。もちろん大変な面もありますが「やらされている仕事」ではないというところが大きいですかね。

▶自分を変えた出会いとは?

このみ
「自分がいいと思ったもの」にこだわるきっかけがあったのですか?
山下さん
学生時代、インドに行ったんです。正直最初はボランティアのつもりでしたが、完全に魅了されて帰ってきました日本にいたらこの魅力に出会えなかったし、「自分の目で確かめること」の大切さや「未知に触れる」ワクワクを教えてくれたのがインドでした。

▶アートである必要性

このみ
スタッフのみなさんはデザイン出身者が多いようですが、山下さんはデザイン出身ではないですよね。なぜこのタイミングで「アート」なんですか?
山下さん
いろんな問い・見方を投げかけてくれるアートは、僕にとって「知らない世界」を教えてくれる存在なんです。答えがひとつではないアートだからこそ、「いいもの」が簡単に埋もれてしまう、そんなことも自分のモチベーションになっているかもしれません。

大切なことは経験の大小ではなく、自分にとっての転機や出会いを活かして、想いをもって仕事をするということのようです。

いいアートにきちんと光が当たるように

アートって個々の世界観が強くて、少し取っつきにくいと感じている人もいるかもしれません。

山下さん
母体がデザイン事務所なので、僕たちが第3の目となって「世界観が伝わるための工夫」を一緒に考えることもあります。

例えば、展示会で作品を並べる順番・書物の帯に書くコピーとか。アートという答えのない抽象的なものの魅力を具現化していく山下さんは、入社までアートの世界にどっぷりな人生ではなかったと言います。

このみ
山下さんだからこその視点があるし、あらゆる角度からアートにとことん向き合っているからこそ得られる視点だとも感じます。
【求人】書庫バーを通して神戸を一緒に盛り上げたい

書庫バーを通じて『本』や『アート』好きな人たちのコミュニティの輪がどんどん広がり、足を運んでくれた人たちが何か新しいワクワクと出会える場になることを願って。

10周年となる今年、書庫バーで正社員を募集しています!

募集要項はズバリ!!
✓アートや読書が好きな人
✓人との繋がり
を面白いと感じ、コミュニティを作っていくことが好きな人
✓神戸を盛り上げたいという具体的な想いがある人

バーテンダーのポジションですが、STORAGEというコミュニティを一緒に盛り上げたいという人は一度足を運んでみてもよし、直接応募してもよしという感じです。

入ってみればわかると思いますが、働き方は結構今どきで人柄もみなさんやわらかい印象。

大切なのは神戸やアートへの想いです! 

職種バーテンダー
雇用形態正社員
勤務形態週休2日(シフト制・応相談) 水曜定休
月~金 16:30~24:00
土日祝 11:30~24:00 のうち8時間
仕事内容店舗運営、イベント企画・サポート
休暇年間休日110日以上
年末年始・夏季休暇あり
待遇・福利厚生賞与あり(業績に応じて)
交通費支給
各種保険完備
残業手当あり
求める人材・人との出会い、コミュニティが好きな方
・神戸の街を盛り上げたいという思いのある方
・店舗運営・イベント企画に主体的に取り組んでくれる方
・日常的なPCスキル(Word, Excel等)
・飲食店の勤務経験がない方も大歓迎です
・20〜35歳
・性別不問

選考の流れ
・一次:エントリーフォームで応募→採用担当よりメールにて結果をご連絡します。
・面談:通過者のみ弊社にて面談を実施します。(4月中旬〜)

スタッフが確定次第応募を締め切るみたいなので、興味のある方はお早めに!

最後にSTORAGEからメッセージ
新しいヒト・モノ・コトとの出会いが、ひとりひとりの世界を広げてくれると、私たちは信じています。
様々なお客様の次の一歩を作れる「きっかけの貯蔵庫」を、一緒に作ってくれる仲間をお待ちしています。

スポット名STORAGE SHOKO BAR(書庫バー)
ジャンル飲食業
住所神戸市中央区三宮町3-1−1 三星ビル 2F
電話番号078-331-2633
営業時間月〜金:17:00〜23:00 L.O.
土日祝:12:00〜23:00 L.O.
定休日水曜
リンク公式サイト
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです

このみ
ライター:このみ
花や夕焼け空を眺める時間が好きです。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。