ちびっこうべ2020『デザインの見方を学ぼう』日常にあるデザインの楽しみ方を無料で学ぶ 3/28 KIITO

色や形といったデザインに必要な要素の観察を、日用品を使い学ぶワークショップが開催されます。「ちびっこうべ2020」のうちの1つとして、KIITOで開催されます。

ちびっこうべ2020『デザインの見方を学ぼう』

2021年3月28日(日)13:30~15:30
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)


神戸市中央区小野浜町1-4

フライパンに歯ブラシ、スマートフォンなど、私たちはたくさんの物に囲まれて生活をしています。木や水など自然が与えてくれるものを除けば、これらは全て誰かが形や色を考えデザインした製品です。

そこに込められた工夫を発見できるようになると、デザインの楽しみ方が見えてきます。身の回りを取巻くデザインについて考える時、どのような点に注目すればよいのでしょうか?

デザイン研究者の久慈達也さんを講師として迎え、生活を支える製品や仕組みについて考える力を身に付けられるそうです。

身の回りを取巻くデザインについて考える時、どのような点に注目すればよいのかについて、自分で体験しながら学びます。

講師紹介

久慈達也(DML/キュレーター、デザインリサーチャー)
1978年、青森市出身。東北大学大学院国際文化研究科博士課程を中退後、神戸芸術工科大学図書館研究員を経て、2012年にデザイン専門の展覧会企画・編集事務所DMLを設立。展覧会企画や原稿執筆のほか、デザインに関する講演や講座も担当している。京都芸術大学情報デザイン学科非常勤講師。

「ちびっこうべ」とは、シェフや建築家、デザイナーなど様々な分野で活躍するのクリエイターの知識や技を学びながら、自分たちの手で一から「つくる」体験を通し、子どもたちの創造力を育むことを目的とした体験型プログラムです。

日時
2021年3月28日(日)13:30~15:30

会場・主催
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)

参加費
無料

参加対象
小学4年生~中学3年生

定員
12名(要申込・先着順)

持ち物
白いもの1点

申し込み
公式サイトからお申込みください。

新型コロナウイルス感染症対策
・手指消毒や検温、マスクの着用等の対策を講じた上で実施します。
・ワークショップの際は、物理的距離を設けるよう配慮しています。

・発熱・体調不良等の症状がある方は参加をご遠慮下さい。

日常に溢れているデザインを楽しめるような、新しい視点を学べる機会かもしれません。

◆関連リンク
KIITO|デザイン・クリエイティブセンター神戸 – 公式サイト
ちびっこうべ – 公式サイト

コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。