神戸市の中学校は朝練禁止・週休2日以上になる模様。神戸市教育委員会がガイドラインを発表

ライター:ビッグブリッジ

神戸市教育委員会が、2018年3月にスポーツ庁が策定した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」にのっとり、「神戸市立中・義務教育学校部活動ガイドライン」を策定し、発表しました。

生徒と教員の負担軽減が主な内容で、成長期の生徒が、バランスのとれた生活を送ることができ、また、顧問教員の多忙化解消につなげるとし、大きく以下のようになっています。

・週当たり2日以上の休養日を設ける。(平日に1日、土・日及び祝日に1日以上)平日の休養日は原則水曜日。
・1日の活動時間は、平日では長くとも2時間、休業日では長くとも3時間とする。
・始業前の早朝練習については、特段の事情がある場合を除き、原則行わないものとする。

今回のガイドラインは、運動部に限定したスポーツ庁のガイドラインをベースに、神戸市の場合は、文化部も含まれたもので踏み込んだガイドラインとなっており、順次導入されるとのこと。

他にも、夏休みについては、一週間以上のまとまった休養期間(オフシーズン)を設けるなどルールも追加されるそうです。

運動部員に限らず、塾や習い事により生徒が元々多忙だったり、教員の疲弊・多忙についても、大きな課題となっていましたので、一定程度の効果があると思います。

高校も運動系で行こうと思っている生徒にとっては、学校外での環境が求められると思いますので、このあたりは個人・家庭単位での工夫が必要になるでしょう。

ビッグブリッジ
ライター:ビッグブリッジ
神戸ジャーナル 編集長