東遊園地の『こうべ花時計』が神戸空港の「開港15周年」を記念した新デザインに。4月上旬まで

ライター:ユカコ

東遊園地にある『こうべ花時計』が、神戸空港の「開港15周年」を記念した、新しいデザインに植え替えられています。


神戸市中央区加納町6-1

現在、スカイマーク・ANA・フジドリームエアラインズなどの5社が、国内の12路線と結ばれている神戸空港。

昨年3月に「青森線」&10月に「宮古(下地島)線」が就航し、3月28日には「花巻線」が新規就航される予定です。

フジドリームエアラインズが「神戸ー花巻線」を3月28日に新規就航。神戸空港で初の「岩手便」に

2021.02.01

『こうべ花時計』の新デザインはこんな感じ。合計3000株の花を使用して、青・黄色のパンジーで「飛行機」が、だいだい色のパンジーで「15」周年が表現されてます。

期間(予定)
2021年4月上旬まで ※4月上旬に別の図案に植え替え予定

使用花苗
・パンジー(水色)1000株
・パンジー(青色)400株
・パンジー(橙色)300株
・パンジー(黄色)200株
・シロタエギク(白)1100株

次の植え替えは時期は、4月上旬予定とのこと。花時計の向こう側には、2022年春のオープンを目指して、子どものための図書館「こども本の森 神戸」が建設中です↓↓↓

「東遊園地」に作ってる『こども本の森 神戸』の様子を見てきた。花時計での記念撮影は、引き続きできる感じ

2020.10.24
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。