アトアの横「新港第2突堤」が、すっかり「さら地」に。『神戸アリーナ』の着工はまだ先かな?

ライター:カオル

2024年度にオープンを予定している『神戸アリーナ』の建設予定地が、さら地になってます。


神戸市中央区新港町2

『神戸アリーナ』の予定地は、水族館「アトア」などの東側にある「新港第2突堤」。

兵庫県内で最大規模のコンサートやスポーツイベントなどを催せるものになる計画で、2024年度の完成を目指してます。

新港突堤西地区の『神戸アリーナ』建設予定地を見てきた。今秋にできる水族館のすぐ近く

2021.06.03

1月まではコンクリートの建物が建っていた場所が、すっかりさら地になりました。

2、3年後には、このあたりに巨大なアリーナができている計画。なんだか、まだ想像できません。

突堤の先端には、大きなショベルカーの姿も見えますが、まだガッツリ作業している雰囲気ではないもよう。解体作業用なのかもしれません。

最近公開された市のパンフレットでは、「第1突堤」とアリーナを建設する「第2突堤」の間に「波除提」を作るイメージになっていて、この部分を「ビューポイント」(眺めを楽しめる場所)とすることも考えているようです。

「みなと温泉 蓮」がある「第1突堤」側までぐるりと「親水空間」と考えていて、すでにある部分の雰囲気が変わってくる可能性も。

ざっくりしたスケジュールでは、今年度中に土地を引き渡し、2023年夏ごろに「着工」となってます。今は、詳細な設計などをしている頃でしょうか。

新長田の『県立総合衛生学院』移転予定地が、一時的に「駐車場・駐輪場」になってる。完成は1年遅れに

2022.05.24

市内では「世界的な建設資材の供給不足」が原因で、スケジュールを遅らせた工事もありますので、影響が出ないといいですね。

◆関連リンク
KOBE ARENA 2024 OPEN – 公式サイト
神戸がかわる都心再整備 – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    負の遺産にならなきゃいいけど。

    2022年7月4日4:22 AM 返信する
  • さにより、はさ

    親水空間なんかより埋立て、公園にすれば良いのに

    2022年6月2日2:59 AM 返信する