神戸の老舗ベーカリー「ドンク」で、新年を祝うフランスの伝統菓子『ガレット・デ・ロワ』が期間限定で販売されるみたい

ライター:ふうか

神戸生まれのベーカリー「ドンク」から、新年を祝うフランスの伝統菓子『ガレット・デ・ロワ』が期間限定で販売されます。

2021年12月27日(月)~2022年1月15日(土)
三宮本店など、ドンク各店舗

「王様のお菓子」と言う意味を持つ『ガレット・デ・ロワ』は、フランスで新年をお祝いするのに欠かせない伝統菓子です。

「月桂樹の葉」の模様が描かれたパイ生地でアーモンドクリームが包まれ、「フェーヴ」がひとつ隠されています。

切り分けた時に「フェーヴ」が当たった人は、この1年良いことがあると言われています。

王冠をかぶってその日1日王様(王女様)になるというのが本国フランスでの楽しみ方。

ドンクの「ガレット・デ・ロワ」の中にはアーモンドが1粒入っていて、フェーヴは別添えとなっています。

2022年のフェーヴは、フランス人イラストレーターのクロード・ヴァレンヌ氏によるものです。

 

 


ガレット・デ・ロワ <王冠(紙製)・ドンクオリジナルフェーヴ付き>(直径 約20cm)

価格
2,484円(税込)

販売期間
2021年12月27日(月)~2022 年1月15日(土)

各店舗では予約も受け付けられていて、12月27日(月)以降受け取れるそうです。

神戸阪急の地下1階にあるベーカリー「ル ビアン」でも、ガレット・デ・ロワの予約が受け付けられていますよ。

神戸阪急にあるベーカリー「LE BIHAN(ル ビアン)」で、新年を祝うフランスの伝統菓子『ガレット・デ・ロワ』の予約受付が始まってる。12月22日まで

2021.12.04

◆関連リンク
ドンク – 公式サイト

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。