「10年に一度」の最強寒波で神戸はどうなった?「雪」の様子を確認してみた

ライター:カオル

10年に一度といわれる寒波で、神戸も雪景色に変わりました。各地の様子をお届けします。

西区の住宅街の様子です。民家の屋根が、海の方まで真っ白になっているのが分かります。まるで雪国。

道路にも雪が積もっていて、坂道のあたりで立ち往生してる車もけっこういたりしたみたい。

垂水の「ニトリ」や「オートバックス」が並ぶ、第二神明道路の方向を見てます。

雪山がそびえているように見えますが、地図で見た感じでは「ヒロコバ丘」。奥の山々も雪景色に。

中央区で積雪の高さを図ってみると、3㎝ほど。

ちなみに、過去に神戸で一番雪が積もったのは、1945年2月25日でなんと「17㎝」だったそう。想像できないですね。

続いて、街の様子を見ていきます。午前中の阪急 神戸三宮駅前の「サンキタ広場」。

円盤の上には雪が積もり、広場は地面が凍りついてます。

いつもは憩っている人を見かけますが、座ったら底冷えしそうだからか、腰掛けている人はいませんでした。


画像:神戸観光局Twitterより

北野異人館にある「風見鶏の館」の屋根にも雪。青空に映えますね。

「神戸マルイ」の2階へつながる歩行者デッキです。

階段の途中に誰かが作った雪だるまが、仲良く並んでます。


画像:神戸市広報Twitterより

朝早くは、再整備中の「東遊園地」が真っ白になってたそう。

春のリニューアルオープンに向けて、工事の方々も寒い中での作業ご苦労様です。

東遊園地のリニューアルは「来年の春」になるみたい。「1.17のつどい」など予定行事は「一部開放」で対応するそう

2022.11.23

旧居留地の「大丸神戸店」前の交差点。雪が踏み固められてきて、みんな滑らないように慎重に歩みを進めてました。

「三宮神社」は、屋根がキレイに雪化粧。こんな日にお参りしたら、より願いが届きそうな気がします。

メリケンパークは、「甲子園ボウル」から移設された「芝生」の広場が真っ白に。

海風が吹くので気温は高くないですが、お天気だったので溶け始め、お昼までには消えてしまいそうな感じです。

ちなみに、海洋博物館は「寒波の影響で臨時休館」してます。

BE KOBEモニュメント」にも雪。早朝には、まっしろな雪景色にたたずむ「BE KOBE」が見れたのかもしれません。

皆さんは、いつもと違う神戸の景色どう楽しみましたか?

◆関連リンク
神戸市広報 – twitter
神戸観光局 – twitter

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • ヒロ

    渦森台はしょっちゅうでしたよ
    昔は…

    2023年1月26日9:50 AM 返信する
  • ゆうと

    バス運休して大変でした

    2023年1月25日10:19 PM 返信する