舞子の海を望む老舗『舞子ホテル』が売却へ。大正時代に「迎賓館」として建てられた洋館

ライター:ユカコ

老舗『舞子ホテル』の売却が、ホテルを所有する、山陽電気鉄道によって発表されてます。


神戸市垂水区舞子台2-5-41

『舞子ホテル』は1942年に開業。洋館は、大正時代に海運王の「迎賓館」として建てられたそうです。

舞子の海を望む高台にある、イタリアンなども楽しめるホテルでしたが、2019年から改装のため休業されてました。

山陽電気鉄道の発表によると、 3月24日に、物件の引き渡しが行われる計画とのことです。

大正時代のレトロな雰囲気を残した、歴史のあるホテルでした。建物はそのまま残して活用されるのかなど、今後の動きも気になりますね。

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • てるてる坊主

    大正文化が消えるのは、寂しいですね。

    2022年3月20日8:39 PM 返信する
  • 匿名さん

    舞子ホテルで結婚式をあげました。その後も毎年結婚記念日にはお食事をいただきました。マンションとかに姿を変えることなく、なんとか再生してもらいたいです。

    2022年3月20日8:25 PM 返信する