風見鶏の館・ラインの館で、花とレトロとオリーブをテーマにした『新緑の季節市』が開催されるみたい。展示やアートツアー、関連グッズの販売など

北野異人館街にある「風見鶏の館」と「ラインの館」で、花とレトロとオリーブをテーマに、展示やアートツアー、グッズの販売を行うイベントが開催されます。

新緑の季節市~花とレトロとオリーブと~

2022年4月29日(金)~5月15日(日)9:00~18:00 ※17:45最終入館
北野異人館 風見鶏の館/ラインの館


神戸市中央区北野町3-13-3

花や植物のモチーフが多く使われている異人館の館内。19世紀末~20世紀初頭にかけて、ヨーロッパ各国に広がった国際的な美術運動「アール・ヌーヴォー」の影響があったようです。

フランスからオリーブの苗を持ち帰って、日本で初めて、オリーブの栽培やオイルの搾油に成功したのも神戸だったとのこと。

異人館と「花とレトロとオリーブ」の親和性を感じられるイベントとなっています。

神戸学びの講座(パネル展示)~オリーブのまち 神戸北野~
明治時代に日本初の国営オリーブ園が神戸北野に設立されました。神戸において、日本のオリーブの歴史の幕が開かれたルーツを探ります。
【場所】風見鶏の館
【参加費】無料(別途入館料)

オリーブプチ検定開催
検定参加でオリーブグッズプレゼント!
【開催日時】4月29日(金)、5月8日(日)13:00~15:00
予約不要

ハイカラレトロ展
お花をテーマに集めた絵葉書資料館所蔵 『レトロで可愛い懐かしの絵葉書』(復刻版)180種類が揃います。期間中は1階のショップで、展示の絵葉書を販売します。
【場所】ラインの館
【入館料】無料

アートツアー~スペシャルガイド~
当時ヨーロッパで流行した「アール・ヌーヴォー」デザインをいち早く取り入れた館内には、レトロで美しい花や植物のモチーフがいっぱい。今回限りの内容でご案内します。
【場所】風見鶏の館
【開催日時】5月7日(土)11:00~/14:00~(各回45分程度)
【定員】各回10名
【参加費】500円(別途入館料)
【申し込み方法】電話受付(事前予約制)
風見鶏の館 TEL : 078-242-3223(受付時間10:00~17:00)

花とレトロとオリーブ関連グッズ販売 
館内ショップでは、レトロなグッズが勢揃い
【場所】風見鶏の館/ラインの館
風見鶏の館
花や植物をモチーフとしたウィリアム・モリスデザインのステーショナリーグッズが登場。お花をテーマに集めたレトロな絵葉書48種類が展示・販売されます。
ラインの館
お花のハンドメイドアクセサリーを扱った期間限定ポップアップショップが登場。お花のフレーバーティーやオリーブオイル、オリーブの関連書籍なども販売されます。

事前予約が必要なイベントもあるので、気になる人はお早めにチェックしてみてください。

◆関連リンク
神戸北野異人館・風見鶏の館・ラインの館 – 公式サイト

 
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。