「王子動物園」のジャイアントパンダ『タンタン』の返還期日が延長されたみたい。来年の12月末まで

ライター:ゆう

神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン」の返還期日が、1年間(2022年12月末まで)延長されることに決定しました。


神戸市灘区王子町3-1

今年3月に心臓疾患が判明したタンタン。10月下旬、日中双方の専門家で病状評価を行い、引き続き病状の推移を注視すべきとの認識で一致したため、延長することになったそうです。

それまで、2000年から飼育展示しているタンタンは、新型コロナウイルス感染拡大状況や航空便の運航状況により、今年12月末までに返還することになっていました。

日中双方の専門家による技術的アドバイスをもとに、各種検査とあわせて心臓の収縮力低下に対する投薬治療を実施し、体調の維持に努めているところ。

投与治療として、強心薬や、体にたまった余分な水分を取り除く利尿薬を、投薬量をコントロールしながら投与しているそうです。

 

 

8月中旬から、薬の効果を補完するため、腹部から水分を体外に抜く措置も必要の範囲内で行いながら、循環不全を改善し体調管理を維持しています。

心臓疾患による影響の負担を減らすために、寝室に酸素供給装置を設置し、酸素濃度も高めているとのことです。

2020年5月に取材した記事もあるので、参考にどうぞ。

【動画あり】中国に帰ることが決まった王子動物園のパンダ「タンタン」いまの様子は?帰るワケも詳しく聞いてきた

2020.05.22

観覧については、健康管理に留意しながら屋内で再開されています。時間は11:00~13:00です。体調・検査によって観覧できないこともあるとのこと。

これから寒い冬が来るので心配ですが、タンタンの体調が少しでも良くなることを願っています。

◆関連リンク
神戸市立王子動物園 – 公式サイト
#ありがとうタンタン – 公式サイト

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。