「こべっこランド」の移転予定地を見てきた。ノエビアスタジアム近くの広~い場所

ライター:カオル

ハーバーランドにある「こべっこランド」の移転予定地を見てきました。移転は、2021年秋ごろの予定です。


(移転予定地)神戸市兵庫区上庄通1-1

移転の概要については、こちら↓↓↓

ハーバーランドの『こべっこランド』が移転。規模が大きくなって2021年に「和田岬」へ。どう生まれ変わるか聞いてみた

2019.10.03

移転予定地は、兵庫区の和田岬駅から北東に3分ほど歩いたところ。以前は、「中部処理場」という神戸市最初の下水処理場でした。

写真は、敷地の東側。当時の外壁が残されていて、その内側にフェンスが建てられている状態。

「中部処理場」の跡地の半分は、『ミズノスポーツプラザ神戸和田岬』という施設が2018年7月にオープンしてまして、「こべっこランド」の移転予定地と駐車場をはさむ形で営業中です。

ちなみに、「ミズノスポーツプラザ」は、フットサル・ボルダリング・卓球・テニスが楽しめる施設。

ミズノの施設から西側を向くと、見える丸い屋根は「ノエビアスタジアム神戸」。歩いて10分くらいの距離です。鳥居は、「和田神社」のもの。

敷地の北東の角が、イメージ図の三角のデッキが作られる予定の場所。屋外の遊び場の正面に「三石公園」があるので、かなり広々した感じになるかもしれません。

北側の道路は道幅が広め、向かいが住宅街になっているので、落ち着いた印象でした。

まだ建設は始まっていなくて、こんな状態。着工予定は、来年4月で、2021年秋ごろの完成を目指しています。奥に見えてるのは、県立兵庫工業高校。

配置としては、駅に近い側に「こども家庭センター」があり、北側に「こべっこランド」。2つの施設の間は通れるみたいです。

北側に駐車場と車の出入口を作って、「車は北側」から、「歩行者は南側」からが中心になれば、動線がかぶらず、安心して歩けるという想定。

地下鉄「和田岬」駅からは、徒歩3分ほど。最寄りの「2番出口」には、すでに「エレベーター」があるので、ベビーカーや、小さい子供連れには嬉しいところ。電車の本数も、三宮方面、新長田方面ともに「10分おき」に電車があるので「地下鉄海岸線」がアクセスの方法としては有力になりそうです。

というか、毎年赤字の「海岸線」を使ってもらうために、ここに移転するという側面もあるんでしょうね。

問題なのは、JRでのアクセス。兵庫駅で乗り換えて、1駅だけしかない「和田岬線」です。無人駅で、改札も、切符売り場もない、小さな駅です。

基本的に和田岬駅の周辺で働く人が乗るため、通勤時間帯にしか電車がありません。

こべっこランドの開館時間が、そのまま引き継がれるとすると・・・9:10兵庫駅発に乗り、開館前には到着、17:00に閉館してもしばらく時間をつぶして、17:25の電車を待つことになります。休日にいたっては、1日2本しかないなので、JRを使うのは、今のところ現実的ではなさそうです。

市は、JR和田岬線の「増便」について求めていくのか?については、「状況によっては、必要に応じ、関係する事業者と調整していきたい」というスタンスなので、期待薄かも。

完成まで2年近くあるので、JRの駅から直通バスとか、よりよいアクセスの方法も、考えられるといいですね。

◆関連リンク
神戸市総合児童センターの移転整備に関する基本計画 – 神戸市
ミズノスポーツプラザ神戸和田岬 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。