地上100mから神戸を一望できる「神戸市役所展望ロビー」の眺め、ちょっとアートな楽しみ方も。入場無料

ライター:カオル

神戸市役所の展望ロビーは、入場無料で神戸を一望できるスポットです。

トリップアドバイザーの人気無料観光スポットにも選ばれてますが、地元の人ほど行ったことがなかったりするので、じっくりチェックしてきました。

トリップアドバイザーが「旅好きが選ぶ!日本人に人気の無料観光スポット 2019」を発表。「神戸市役所 展望ロビー」が全国7位にランクイン

2019.11.13


神戸市中央区加納町6-5-1

どこにある?どうやって行く?

神戸市役所は、各線三宮駅から海側へ徒歩7分ほどの距離。フラワーロード沿いのひときわ背の高いビルが「展望ロビー」のある「1号館」。

さらにまっすぐ行くと、「東遊園地」や「神戸税関」があります。

山側を見ると、建設中の「阪急神戸ビル東館」のクレーンが見えてます。JRなら西口、阪急なら東口から来れば、まず迷わないはず。

「東遊園地」から見ると、1号館の全景がだいたい見えます。地上30階建て132mあって、展望ロビーは24階100m地点、「⇦」のあたりかと。

1号館のメインの入り口は、フラワーロード側。警備員さんが立ってますが、展望ロビーは誰でも入れますので、ドキドキせず入りましょう。

余談ですが、1号館入り口の真向かいに「日本マラソン発祥の地」の石碑があります。

明治42年(1909)3月21日、日本で初めての「マラソン」と名の付く大会が開かれたからです。

神戸の湊川埋め立て地から大阪までの約32キロの「マラソン大競走」には、選び抜かれた20人が出場、優勝選手は途中で「わらじの緒」が切れながらも走り続けた、という逸話が残っているそう。優勝賞金300円、当時の大卒初任給の10倍みたいです。

入り口を入ると、広いホールがあり、エレベーター乗り場が見えます。

エレベーターは8基あって、海側の4基が「高層用」。「一番手前」に展望ロビーへの「直通エレベーター」があるので、これが便利です。

24階(展望ロビー)。エレベーターをおりて、パッと目に入ってくるのが、飲食店。東側の「UCCカフェコンフォート」は、平日8:30からで、モーニング(550円~)もやってました。

西側は、韓国料理店「百済(くだら)」、11:00からでランチセット(1000円~)でした。どちらも、景色を見ながら食べられるので、穴場かもしれません。

エレベーター横の壁には、「海」「山」の案内表記がありますので、わかりやすい。まずは、海側からご紹介します。

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

1 個のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    二号館にも展望台が出来たらいいですね
    大きなガラス張りのカーテンウォールから外を眺めたいです。

    2019年12月6日12:21 PM 返信する