淡路島にホテル『望楼 青海波(ぼうろう・せいかいは)』ができてる。天然ラドン温泉・発酵料理を楽しむオーシャンビューステイ

ライター:ユカコ

「淡路島」の北端に『望楼 青海波(ぼうろう・せいかいは)』というホテルができてます。


淡路市岩屋1833-4

「発酵料理による美臓促進」や「天然ラドン温泉での湯治」などによって、身体の免疫力向上を目指すことをテーマにしたホテルになっているそうです。

全室で、目前に海が広がるオーシャンビューのホテル。夜には、神戸・明石の夜景を眺められます。

食事は、発酵醸造料理人・伏木 暢顕(ふしき のぶあき)シェフによる「美臓」を促す発酵料理を提供。

淡路島の食材の魅力を最大限に引き出した 「醤(ひしお)漬けの明石天然鯛」や 「淡路サクラマスの麹味噌漬け」などのメニューを味わえるそうです。

ホテル内には「ラドン」を含んだ泉質の天然温泉も。血中や体内の老廃物を、代謝する作用があるとされ、痛風や関節リウマチに適応があるとのことです。

そのほか、企業・自治体などを対象にした「ワーケーションプラン」も用意されています。

発酵美臓プラン
発酵料理による美臓促進や天然ラドン温泉による湯治、運動プログラムにより免疫力を高めることを目指したウェルネスステイです。※あくまで免疫力の向上を企図したものであり何らかの健康増進効果を宿泊者に保証するものではありません
【料金】1泊2日 : 22,000 円(税込)~
※2名1室1名あたりの料金(サービス料別)
※休日前・ハイシーズンなど季節により料金は異なります
【食事】淡路島産の食材を活かした発酵料理を1日2食(夕・朝)提供
【温泉】天然ラドン温泉
【運動】敷地内ビーチスペースでのストレッチウォーキングなど施設内にはトレーニングジムも完備
【特徴】五臓(肺/心臓/脾臓/肝臓/腎臓)の活性化を促す様々なオプションを用意
・東洋医学に基づいた鍼灸師によるパーソナルカウンセリングと施術
・漢方アロマや淡路島産ハーブのアロマを用いたオイルマッサージ
・内臓の働きを促進する腸活マッサージ など

施設概要
(客室)24室(東館 : 洋室3室・和室11室/西館 : 和室10室)
(受付)チェックイン 15:00~/チェックアウト 11:00~

予約
こちらから

海沿いに位置するロケーションを堪能しながら、ヘルシーなひとときを楽しめそうですね。

淡路島には、多国籍リゾートダイニング&バー『Long(ロング)』もできてます。

淡路島西海岸に多国籍リゾートダイニング&バー『Long(ロング)』がオープン。全長25mのカウンターから海が見える

2022.03.11

◆関連リンク
望楼 青海波 – 公式サイト

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。