「市役所2号館」跡地に「三宮の未来」のイメージがポップに描かれてる。じ~っと見てみたら発見があるかも

ライター:カオル

「三宮の未来」を描いたポップなイラストが、市役所近くに登場してます。


神戸市中央区加納町6‐5‐1

「三宮の未来」が描かれているのは、市役所の山側にある去年取り壊された「2号館」跡地。

3月から、「新庁舎」などをつなぐ連絡通路を備えた施設の建設が始まっている場所です。

「神戸市役所2号館」の跡地で、新中央区役所とつながる「連絡ロビー・エネルギー施設」の建設が始まったみたい。完成予定は再来年

2022.03.22

工事用の仮囲いの上から下まで、ぎっしりとカラフルに描かれたイラスト。

赤い神戸大橋や、モザイクの観覧車に六甲山、おなじみの場所が目に入って来るので、頭の中の地図とリンクできる感じです。

ただ、よーく見ると、今はないものがあったり、リニューアル後の姿になっていたり…分かるでしょうか?

例えばこれは、新港第2突堤にできる予定の「アリーナ」。バスケットボールチーム「西宮ストークス」の本拠地となることが予定されているので、ボールを持った背の高い人が描かれてます。

新港突堤西地区の再開発『兵庫県最大のアリーナ整備』を発表。スポーツやコンサートが可能に

2021.03.29

お隣には、去年オープンした水族館「アトア」や「チョコレートミュージアム」も。

「ポップ・プリティ・ファニー」なイラストを描くイタリア人のイラストレーター「ビオレッティ・アレッサンドロ」さんの作品で、「未来の姿」の要素が分かりやすくちりばめられてるので、じーっと眺めたい感じです。

どんな風に変わるか?イメージが湧かない人も多いかもしれませんが、すぐ横に、実際の写真やイメージ図と共にイラストのパーツが取り出して描かれてるので、なるほどねってなると思います。

例えばリニューアル中の「ポートタワー」は、てっぺんに出れるようになる感じが実際のイメージと、ポップなイラストと並べて見ることができます。

やっほーいって頂上の棒にのぼったり、外側をクライミングってことはないですけど、「あ、ほんまに出れるようになるんか」って期待感が高まりそうです。

「神戸ポートタワー」が2023年度にリニューアルするみたい。屋上に展望施設

2020.12.21

ここだけでなく、市内のいろいろな所にこういったイラストが登場するようなので、足を止めて見たら発見があるかもしれません。

◆関連リンク
都心・三宮再整備 KOBE VISION – 公式サイト

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。