「阪神 御影駅」の山側に、ゴム製品の魅力を発信するお店『KOBE RUBBER PLAYS.』ができるそう。ビーサンなどを販売

ライター:ユカコ

「阪神 御影駅」山側に、ゴム製品が主役のお店『KOBE RUBBER PLAYS.』ができるみたいです。


神戸市東灘区御影本町4-12-18

東を向くと、こんな感じ。隣の黒い建物は「淡路島バーガーカフェ」です。道路を挟んだ向かいには、ショッピングモール「御影クラッセ」があります。

西を向くと、こんな感じ。次の信号を右に曲がると「御影公園」や「御影中学校」があるあたりです。

 

 

『KOBE RUBBER PLAYS.』は、神戸の老舗ゴム会社「buntaro®︎」がつくる「AIR rubber」というゴムの魅力を発信する、フラッグショップになるそう。

「AIR rubber」は、衝撃を吸収するホールド力・環境に優しい素材を使っていることなどが特徴となってます。


画像 : 公式Instagramより

こちらのサンダルは、日本の「わらじ」から着想を得た商品。日本人本来の歩き方で身体を整える「履けば履くほど気持ちいい」サンダルなんだそうです。

オープンは春ごろ。ビーチサンダルのほか、ヨガマットなど、さまざまな商品が販売されるとのことで、どのようなアイテムが並ぶのか楽しみですね。

【店舗名】KOBE RUBBER PLAYS.
【ジャンル】ゴム製品専門店
【住所】神戸市東灘区御影本町4-12-18
【電話番号】
【営業時間】
【定休日】
【リンク】公式サイト(buntaro®︎)/ Instagram
【駐車場】なし
※紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

 
ユカコ
ライター:ユカコ
気付いたら一人で六甲ケーブルに乗っていました。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。