おふろのプロに教わる『こうべべっぴん おふろ学校』の生徒を募集してる。12/15 シャワーだけでは物足りなくなるかも?

ライター:カオル

「おふろの良さ」を知るためのイベントが開催されます。日々、おふろを研究している人に教わる2時限だけの「学校」。事前申込が必要です。

こうべべっぴん おふろ学校

2019年12月15日(日)13:00~15:30
神戸国際会館


神戸市中央区御幸通8-1-6

『こうべべっぴん おふろ学校』は、「おふろの良さ」を学ぶイベントで、2016年からはじまり、今回で4回目。これまで、バスグッズ専門家、「湯道」を提唱している放送作家など、さまざまな分野のおふろのプロが授業をしてきてます。

今回は、生活しやすい環境をつくるための研究を行っている大学教授と、入浴剤の会社の研究員が「先生」に。

授業内容
1時間目「浴室環境とライフスタイル」(京都ノートルダム女子大学 竹原広実教授)
2時間目「入浴の効力・魅力について」(株式会社バスクリンつくば研究所 石澤太市博士)

2時間目を担当する「バスクリン」の石澤博士は、開発する入浴剤の効能を「自分で入浴して」確かめるなどの仕事内容がテレビにも取り上げられてる人。入浴剤の効果を知るために18日間同じ体調でおふろに入ってデータをとったり、日々全力でおふろと向き合っている人のようです。

今回は、「健康維持につながる入浴法」を教えてくれるそう。

ちなみに、このイベント、神戸市水道局などが「水を適度に使ってもらう」ことを目的に始めた取り組みですが、どうしてそんなに水を使ってもらいたいのか?

「新鮮な水を維持」するというのもありますが、神戸の水を使う量は、1992年頃から減少傾向がつづいているそうで、「水道料金」で運営している水道事業は「経営が厳しい」という状況もあるようです。

一般的に、シャワーは1分約12リットル、おふろは約200リットルと言われているので、おふろが見直されて、シャワーだけで済ませてた人に湯舟につかってもらえると水道局的にとっても助かる。

ちなみに、水道局は、産学官連携プロジェクトとして、数年前から「おふろ好き」のための「おふろ部」というサイトの運営などもやっていて、濡れた髪をまとめる「ターバンの巻き方」や、手がシワシワになるワケなど、おふろにまつわる情報を日々発信してたりもします。

肌寒くなって、おふろが気持ちいい季節。改めて学んでみたら、より気持ちよくバスタイムを過ごせるんじゃないでしょうか。

おふろ学校について

実施日時
2019年12月15日(日)13:00~15:30

場所
神戸国際会館

定員
40名程度(要事前申込)

参加費
無料

申込方法
神戸市イベント案内・申込センター
078-333-3372(9:00~21:00) or 予約フォーム

申込締切
2019年12月1日(日)
※応募者多数の場合、参加者は抽選により決定いたします。抽選結果は、Eメールまたは郵送にて全員にお知らせいたします。
※記録及び今後の広報活動のため写真撮影を行いますのでご了承ください。

◆関連リンク
神戸市 – 公式サイト
神戸市水道局 – 公式サイト
おふろ部 – 公式サイト

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。