神戸市にある市民病院で「通常医療の制限」が始まる。最大4割程度の制限、コロナ受入病床の拡大へ

ライター:カズマ

神戸市は、新型コロナウイルス感染症患者が大幅に増加していることを受けて、通常医療の制限を開始すると発表しました。

医療提供体制は危機的であるものの、現状では病床の確保が困難であるとの判断で、西市民病院・西神戸医療センターにおいて感染収束までの当面の間、通常医療における入院・手術等を2~4割程度制限することにより、臨時的に新型コロナ患者の受入病床を拡大するとしています。

この対応により、西市民病院で15床、西神戸医療センター13床が、新型コロナ患者用に追加確保されます。

医療現場の危機的状況を受けて、現場からのメッセージも合わせて配信されてました。

神戸市が『医療現場からのメッセージ』を配信してる。最前線で戦う医師や看護師ら「医療従事者」からのお願い

2021.01.23

現在は、西市民病院・西神戸医療センターで中等症以下、中央市民病院で重症の患者を受け入れるなどの体制をとっており、また、民間病院でも病床拡大が進められています。

日本は、欧米各国より公立病院が少なく民間病院が多いとされていて、思い切った病床確保は困難とされています。

神戸市が「新型コロナ新規感染者」の自宅療養を開始。医療提供体制は崩壊を迎え、入院前自宅待機も500人越え

2021.01.21

兵庫県が目指した「自宅療養ゼロ」は難しく、コロナ病床の追加をしつつ、自宅療養患者数が積みあがっている状態です。

1月14日(木)から始まった緊急事態宣言の効果が、まもなく数字としてでてくる時期なので、減少傾向に転じる事を期待しつつ、個人レベルでの対策をしていきましょう。

カズマ
ライター:カズマ
神戸ジャーナル 編集長
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。