9年ぶりに開催された「Red Bull Flight Day 2024」は『約2.1万人』が観戦したみたい。ジャルジャル&ゆりやんレトリィバァも

5月26(日)に神戸ハーバーランド・高浜岸壁で、日本で9年ぶりに開催された『Red Bull Flight Day 2024』は、約2.1万人が観戦したみたいです。

『Red Bull Flight Day 2024』は、動力を持たない手製飛行機のクリエイティビティ、パフォーマンス、飛行距離を競う一般参加型イベント。

神戸ハーバーランドからメリケンパークのあたりまで、約2.1万人が集まり、終日会場からは大きな歓声が上がったそうです。

「ぶっ飛んでるヤツらが、優勝。」をテーマに開催した今回は35チームが出場。優勝したのは、なまはげをモチーフにした機体「復活のNAMAHAGE」で出場したチーム「んだんだ」です。

実際のなまはげパフォーマンスを披露したあと、今大会最長となる15.6mのフライトを記録しました。

出場したほとんどのチームが飛行距離を伸ばせず落下していく中で、あまりの飛行時間に会場からも大きな歓声があがったんだとか。

審査員を務めたのは“ぶっ飛んでる”人として選ばれた、ゆりやんレトリィバァさん、元プロ野球選手の赤星憲広さん、プロラッパーの呂布カルマさん、そしてレッドブル・アスリートでスキージャンプ選手の高梨沙羅と小林陵侑ら。

イベントを終え、審査員の呂布カルマさんは「バカバカしいことに全力でやってることに勇気をもらえました」と感想を語りました。

そのほか、ジャルジャルがYouTubeチャンネル「ジャルジャルアイランド」で演じる「夢なし大学生」として手作りした飛行機で参加。

虹色の飛行機の頭には「夢」という大きな文字があしらわれていました。

さらに、審査員のゆりやんレトリィバァが、滑走路に登場。レッドブル・ダンサーAmiとTaisukeに触発されて、初のブレイキンセッションを披露して盛り上がったみたいですよ。

大会結果
1位:んだんだ(スコア 100.6pt):クリエイティビティ:42pt、パフォーマンス:43pt、飛行距離:15.6m 
2位:グライダートムキャット(スコア 83.6pt):クリエイティビティ:40pt、パフォーマンス:34pt、飛行距離:9.6m 
3位:八尾飛行隊(スコア 79.8pt):クリエイティビティ:38pt、パフォーマンス:35pt、飛行距離:6.8m

イベントの様子


ZETA DIVISION「西ファラZ輔」号


約2.1万人が観戦したとのことで、市外・県外からも多く来ていたのかも。神戸にたくさんの人が来て盛り上がったのは嬉しいですね。

◆関連リンク
Red Bull Flight Day 2024 – 公式サイト

 

この記事を書いた人

神戸ジャーナル編集部

ライター一覧

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。

2 件のコメントコメントを残す
  • 匿名さん

    気候、雰囲気、熱気揃って楽しかったです。

    2024年5月29日6:00 PM 返信する
  • 匿名さん

    ものすごい熱気で楽しかったです。
    また神戸で開催してほしいですね。

    2024年5月27日9:17 PM 返信する