神戸阪急で、新年を祝う「フランス伝統菓子」のコンテスト『2022神戸ガレット・デ・ロワ』が開催されるみたい。食べ比べイートインも 1/14-17

ライター:ゆう

神戸阪急で、新年を祝う「フランス伝統菓子」をテーマにした「コンテスト」が開催されます。イートインコーナーも設置。

2022神戸ガレット・デ・ロワ

2022年1月14日(金)~17日(月)10:00~20:00 ※最終日のみ17時まで
神戸阪急


神戸市中央区小野柄通8-1-8

「ガレット・デ・ロワ」は、1月6日の「公現祭」(エピファニー:Epiphanie)をお祝いして食べるお菓子です。現在では1月中であれば、それを囲んで家族や友人たちが集まるそう。

クレームダマンドで構成される一見シンプルなお菓子ですが、職人の技と個性がハッキリ出るので、フランスの M.O.F.(フランス最優秀技術者)検定試験の課題にもなっています。

公開審査が行われるのは初日14日。有名パティシエ・ブーランジェ15人が「味覚」と「技術」を総合的に審査し、会場に作品が展示されます。

食べ比べができる「イートインコーナー」や「ガレットを食べてフェーブを当てよう!」のコーナーなども実施予定です。

催場には18店舗が並び、「ガレット・デ・ロワ」や「クーロンヌ・デ・ロワ」を購入できます。

 

 

期間
2022年1月14日(金)~17日(月)10:00~20:00
※最終日のみ17時まで
※公開審査は、1月14日(金)10:00~12:00頃

会場
神戸阪急 本館9階催場

入場料
無料

内容
・大型ガレット・デ・ロワの展示
・ガレット・デ・ロワ/クーロンヌ・デ・ロワなどの販売(18店)
・若手パティシエ・ブーランジェを対象にした神戸ガレット・デ・ロワ コンテストを開催(18店32人)
・フェーブの展示/販売
・「ガレットを食べてフェーブを当てよう!」(毎日15:00に実施)
・食べ比べができるイートインコーナーを設置
・キッズデザイン展(約500~600点展示予定)

出店店舗
AKITO/アグリコール/アンテノール/エトネ/KuRi/神戸ポートピアホテル/ドンク/ビゴの店/ポンポアン/ma biche(マビッシュ)/モンプリュ/ラトリエ・ドゥ・マッサ/ラ・ピエール・ブランシュ/ラルゴ/ル・パン神戸北野/ル ビアン/レーブドゥシェフ/ロッテガロンヌ商会(セミドライフルーツの販売)

フランスでは年が明けると、お菓子屋さんやパン屋さんの店頭が「ガレット・デ・ロワ」で埋め尽くされるそう。お正月のあとは、フランス式で新年をお祝いしてみるのもいいかもしれませんね。

◆関連リンク
神戸ファッション協会 – 公式サイト
神戸ガレット・デ・ロワ – 公式Facebook

 
ゆう
ライター:ゆう
推しプリンを探しています。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。