兵庫区にできた「初代県庁館」にある伊藤博文の「執務室」を見てきた。県立兵庫津ミュージアム

ライター:カオル

兵庫区にできた「初代県庁館」を見てきました。入館無料ですが「バーチャル体験」で「伊藤博文」にも会えます。


神戸市兵庫区中之島2-1-17

「初代県庁館」があるのは、兵庫区の「中央卸売市場」や「イオンモール神戸南」のすぐ近く。

写真奥の車が停まっているところが「中の島」の交差点、左へ行くと「中央卸売市場」、右へ行くと「ノエビアスタジアム神戸」がある方向。詳しい場所は、コチラの記事でも↓↓

地下鉄「中央市場前駅」近くに『県立兵庫津ミュージアム』を作ってる。初代知事「伊藤博文」の「執務室」などが再現されるそう

2021.06.01

「初代県庁館」は「県立兵庫津(ひょうごのつ)ミュージアム」の施設の1つで、来年度には隣に「ひょうごはじまり館」ができる予定。

こちらが、「初代県庁館」のメインとなる「県庁舎」。

1868年(明治元年)に「兵庫県」が誕生したときに「県庁」となったのは、「兵庫勤番所」という江戸時代に作られた建物。なので、THE和風建築です。

残っているのは「兵庫勤番所」の図面だけだったので、細かいつくりなどは同じ時代の建物や資料を参考に復元したそう。

ちなみに初代が「県庁舎」として使われた期間はわずか4か月。古いし、狭いし、新しくできた神戸港からも遠いしで、早々に引っ越したみたい。

左が若かりし頃の伊藤博文、「初代内閣総理大臣」として習った教科書の写真とは印象が違います。ヒゲもないし、まだ刀も差してます。

右は中島信行(のちの初代衆院議長)で、兵庫県の判事などをやっていた人です。国のトップになる人たちが「兵庫県」の最初の頃を作ってたんだなぁと。



こちらが、初代兵庫県知事「伊藤博文(当時は俊介)の執務室」。意外とこじんまりしてます。

明治になったばかりで和装だった当時に、テーブルと椅子が置かれていたかは定かではないそうですが、同時期にはこういう形式も見られていたということでこの形に。

伊藤博文は、当時28歳のめちゃくちゃ若い知事なので、たぶん新しいもの取り入れたこんな感じで間違いないんじゃないでしょうか。

もちろん、知事のイスに座ってOK。座ってみてくれたのは兵庫県の担当者さん。スーツで座るとより知事っぽい雰囲気がします。

「県庁舎」の前には日本庭園が広がってまして、知事の椅子に座ってこんな景色を眺めつつ仕事してたのかな?と想像したりできます。

「鶴」や「亀」に模して石が配置されていたりするので、じっくり眺めてみて下さい。

施設のコンセプトは、「文化財を見る」というより「ストーリーを知る」というところに重きが置かれているそうで、当時の姿を疑似体験する「バーチャルツアー」というものが用意されてます。

復元した「県庁舎」にバーチャルな伊藤博文らが登場する「MR(ミックスド・リアリティ)」体験。ゴーグルをつけるとホログラムのように見ることができます。

左の人が「伊藤博文」。近づいてマジマジほくろの位置まで確認したり、話し相手の後ろに回り込んで、伊藤博文に語り掛けられてる気分を味わったり。

係の人に「どうぞ~動いてみて下さいね」と促されるので、つい色々やってると解説の内容をうっかり聞き逃してしまうくらい楽しんでしまいそうに。

物を受け取ったり、珈琲を入れたり、参加型なシーンもあって、ゴーグルをかけていない人からするとちょっと不思議な人たちに見えます。

実施時間
1日5回 10:00/11:00/13:00/14:00/15:00
(各回5名まで当日先着順)
体験時間
約20分間(無料)
対象年齢
13歳以上



「県庁舎」以外にもいくつか建物がありまして、こちらは被疑者や囚人を一時的に留置する「仮牢(かりろう)」。

木の格子が二重になっていて、内側の方に人を入れる仕組み。

囚人気分の写真を撮ろうとチャレンジしてみました。セルフで撮るには内側だと難しかったので外側の格子で…。

何人かで行けば、工夫して楽しめそうです。

その他に、当時は庁舎の役人たちが暮らしていた官舎「旧同心屋敷」があり、イベントや講座、地域の集まりなどに借りることができるスペースになってます。

利用料金(面積50m²)
① 9:00〜12:00/1,000円
② 13:00〜17:00/1,400円
③ 9:00〜17:00/2,400円

キッチン設備のある建物もありまして、しばらくは休憩スペースとして利用でき、来年春以降「カフェ」などがオープンする可能性もあるそうです。

周辺には、平安時代の港「大輪田泊(おおわだのとまり)」の遺構や「清盛塚」などがあるので、ここで一息入れつついろいろ回ってみるのも良さそう。土日祝には「まちあるきツアー」もあるそうです。

兵庫津まちあるき
毎週 土曜・日曜・祝日
13:00~15:00 定員10名
予約フォームまたは電話(078-651-1868)で予約

ちなみに、お隣に建築中の「ひょうごはじまり館」は、まだ基礎ができたかなぁという感じ。

こちらは、鉄筋コンクリート4階建ての展示施設で、「来年度の後半」にできる予定です。

スポット名県立兵庫津ミュージアム・初代県庁館
ジャンル資料館・歴史館
料金入場無料
住所神戸市兵庫区中之島2-1-17
電話番号078-362-4004
営業時間4月〜9月 9:00〜18:00
10月〜3月 9:00〜17:00
定休日月曜日(祝休日の場合は翌日) 年末年始(12月31日、1月1日)
リンク公式サイト
駐車場

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです

 
カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。