南京町の路地裏に、世界のビールが楽しめる屋上テラス「THE DECK(ザ・デッキ)」がオープンするみたい。ビールはバケツ単位で注文

ライター:カオル

南京町の路地裏に、世界のビールが楽しめる屋上テラスが登場します。2020年7月17日(金)オープン予定。


神戸市中央区栄町通1-2-21

「THE DECK(ザ・デッキ)」ができるのは、南京町のメインの通りから海側に一本入ったところにある「ゲストハウス神戸なでしこ屋」の屋上(4階)。 

南京町の裏路地にある、20代女性支持率の高いゲストハウス『神戸なでしこ屋』世界を一人旅した女性オーナーが神戸旅をサポートする

2020.03.17

海外旅行好きの女性が運営する「客船」をイメージしたゲストハウスで、今回オープンする屋上も「船の甲板(デッキ)」の雰囲気に。テーブル6席に加え、ソファ8席もあって船上でのんびりビールのイメージみたい。

世界のビールは常時10種ほど、2〜3週間ごとに半分くらい入れ替えていくそうで、行く度にいろんな世界のビールに出会える仕組み。

海外旅行に行けないコロナの夏、世界のビールを飲むことで少しでも旅行気分を味わってもらえたらというアイデアです。

ビールは、たっぷりの氷と共に「バケツ」に入って提供されるスタイルで、「5本セット」が基本。

食べ物はチャージ代(1000円)に含まる「世界のスナック」だけみたいで、「フード持ち込み可」なので、南京町で買ってから行くといいかんじではないでしょうか。

販売メニュー※税別
・世界のビールバケツ(5本セット)3500円
・ミックスバケツ(ビール3本+ノンアルコール2本)2800円
・ノンアルコールバケツ(5本セット)1500円

オープン前日の7月16日(木)は、プレオープンとしてチャージ無料、ワンドリンクから注文できるそう(18:00〜21:00)。

コロナのせいで居酒屋への足が遠のき気味な人でも、オープンエアの屋上なら気持ちよく飲めるんじゃないでしょうか。

店舗名THE DECK(ザ・デッキ)
ジャンルビアガーデン
住所神戸市中央区栄町通1-2-21(ゲストハウス神戸なでしこ屋・屋上)
電話番号
営業時間16:00〜23:00
定休日不定休※
リンク公式サイトInstagram 
駐車場なし

紹介した情報は、記事執筆時点の情報です。また、神戸市内の開店・閉店情報、イベント、街の変化など、情報を求めています。ぜひ情報提供をお願いします。※自分のお店でもOKです。

カオル
ライター:カオル
とりあえず「食パン」を買う人です。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。