神戸市の「宿泊療養施設」に、6つ目となる『ホテルサンルートソプラ神戸』が追加されたみたい。第6波による無症状・軽症患者の増加に備えて

ライター:ふうか

新型コロナウイルス第6波による感染拡大にそなえて、「宿泊療養施設」に新たに『ホテルサンルートソプラ神戸』が追加されました。


神戸市中央区磯辺通1-1-22

第6波による感染拡大などにより、無症状・軽症の患者が多数発生する可能性に備えた対策なんだとか。

9月には「神戸ポートタワーホテル」が市内5つ目の宿泊療養施設となっており、今回の追加で合計「6施設」になりました。

神戸市が自宅・宿泊施設療養者への対応を強化。「神戸ポートタワーホテル」が市内5つ目の宿泊療養施設に

2021.09.10

6つ目となる『ホテルサンルートソプラ神戸』は、感染拡大時より運用が開始される予定です。

入居可能室数は「176室」で、6施設のなかでは最大になります。

施設内では医師・看護師(24時間体制)による健康観察が実施され、宿泊療養者エリアとそれ以外のエリアを完全に分離するなど、適切な感染防止対策がとられるそう。

飲食などは神戸市より提供され、宿泊療養にかかる費用(宿泊費用・食事)は全額公費負担となります。

 

 

これまでの宿泊療養施設 確保状況
・ニチイ神戸ポートアイランドセンター宿泊棟:100室
・東横INN 神戸三ノ宮駅市役所前:110室
・東横INN 神戸三ノ宮Ⅰ:88室
・ホテルサンルートソプラ神戸アネッサ:138室
・神戸ポートタワーホテル:148室
・ホテルサンルートソプラ神戸:176室
合計 760室

年末年始で移動が増えるかもしれませんが、引き続き感染防止対策はしっかりとっていきましょう。

 
ふうか
ライター:ふうか
基本どこへ行くのも徒歩で移動します。
コメントを残す

日本語が含まれないコメントは無視されます。コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は承認されません。